1-2 太子を誡むるの書 花園天皇(第九十五代)

太子を誡むるの書(第二段)(元德二年二月 伏見宮御記錄)

若使溫柔敦厚之敎躰於性、疎通知遠之道達於意則善矣。雖然猶恐有不足。況未備此道德、爭期彼重位。是則所求非其所爲。譬猶捨網待魚羅、不耕期榖熟。得之豈不難乎。假使勉强而得之、恐是非吾有矣。所以秦政雖强爲漢所幷、隋煬雖盛爲唐所滅也。而諂諛之愚人以爲、吾朝皇胤一統、不同彼外國以德遷鼎、依勢逐鹿。故德雖微、無隣國窺覦之危、政雖亂、無異姓纂奪之恐。是其宗廟社稷之助、卓躒于餘國者也。然則纔受先代之餘風、無大惡之失國、則守文之良主於是可足。何必恨德之不逮唐虞、化不侔陸栗哉。士女之無知、聞此語皆以爲然。

【謹譯】溫柔おんじゅう敦厚とんこうおしえをしてせいたいし、疎通そつう知遠ちおんみちをしてたっせしむればすなわし。しかりといえどらざらんことあるをおそる。いわんやいま道德どうとくそなへずして、いかでか重位じゅういせんや。すなわもとむるところところにあらず。たとへばあみてて魚羅ぎょらつがごとく、たがやさずして榖熟こくじゅくするがごとし。これることあにかたからずや。假使たとえ勉强べんきょうしてこれとも、おそらくはゆうにあらざらん。しん政せいつよしといえどかんあわところとなり、ずいようさかんなりといえどとうほろぼところとなる所以ゆえんなり。しかして諂諛てんゆ愚人ぐじん以爲おもえらく、ちょう皇胤こういん一統いっとう外國がいこくとくもっかなえうつし、いきおいりて鹿しかふにおなじからず。ゆえとくなりといえども、隣國りんごく窺覦き ゆあやうきことなく、まつりごとみだるるといえども、異姓いせい纂奪さんだつおそれなし。宗廟そうびょう社稷しゃしょくたすけ餘國よこく卓躒たくらくたるものなり。しからばすなわわずか先代せんだい餘風よふうけ、大惡だいあくくにうしなふことなければ、すなわ守文しゅぶん良主りょうしゅここいてるべし。なんかならずしもとくとうおよばず、陸栗りくりつひとしからざるをうらみんやと。士女しじょ無知む ちいてみなもっしかりとなす。

【字句謹解】◯溫柔敦厚の敎 物柔ものやわらか溫和おんわで同情の厚いおしえのこと、この語は『禮記らいき』にある ◯性に躰し 本性ほんせいから出る ◯疎通知遠の道 䟽通そつう疎通そつうで、明らかに筋道を立てること、知遠ちおんは遠大な計畫けいかくもとに一歩づつそれを實行じっこうしてゆくこと ◯意に達せしむれば 自己の意志を重んじて曲げることがなければ ◯彼の重位を期せんや 帝位に臨むことが出來で きようか、それは不可能であるとの意 ◯ 魚類を獲る網の意、この二個のたとえは共に不可能さをいつたもので、皇太子がとくなく、一定の方針なくして帝位に臨むことは無理である理由を說明せつめいされたのである ◯魚羅 うおを捕へる網 ◯榖熟を期する 榖物こくもつの熟する時期を待つ ◯勉强 無理にあえてする意 ◯吾が有 本當ほんとうの意味の自己の所有。天命にしたがつた正しい所有 ◯秦政强しと雖も漢の幷す所となり しん支那し なおいて空前の大帝國だいていこくを建て大勢力を得たが、天命を得なかつたのでのちかんのために滅亡したとの意。〔註一〕參照さんしょう ◯煬隋盛なりと雖も唐の滅す所となる ずい煬帝ようだいは大勢力を得て贅澤ぜいたくをしたが、これも天命に合せず、唐のために滅亡してしまつたとの意で、この二例は如何い かに帝王としての絕大ぜつだいな勢力があつても、帝王としてのしんの資格がなければ、必ず何時い つか天命によるの者につて滅されることを示して太子をいましめられたのである。〔註二〕參照 ◯而して それにもかかわらず、こんな明白な事實じじつ無視む ししての意 ◯諂諛の愚人 きみ御世辭お せ じふだけで國體こくたいなどを少しも考へない馬鹿者 ◯皇胤一統 萬世ばんせいけいの義で、天皇の地位にかた祖先そせん以來いらい一定して不變ふへんなこと ◯彼の外國 支那し なを指す ◯德を以て鼎を遷し とくのない帝王の地位をとくのあるの者が奪ふこと、かなえはここでは帝王の地位をいふ ◯鹿を追ふ 中原ちゅうげんの鹿を追ふ義で、帝位をること ◯德微なりと雖も 天皇として持つとくは少くとも ◯隣國窺覦の危きことなく 支那し なの如くから帝位をうかがはれる危險きけんはない。窺覦き ゆとは、常々注意して隙を見て奪はうとする事 ◯異姓纂奪 家柄いえがらの者が帝位を奪ひ取る ◯宗廟社稷の助 御祖先ごそせん及び先祖せんぞ代々の御靈みたまが我がくにを守護されること ◯餘國 日本以外の國々くにぐに ◯卓躒 優秀な意 ◯大惡、國を失ふことなければ 言語ごんご道斷どうだん惡行爲あくこういみずかくにほろぼすやうなことがなければ ◯守文の良主 前代の習慣を守るだけの帝王 ◯唐虞 ぎょうしゅんのこと、共に支那し な古代の理想的帝王。〔註三〕參照 ◯ 感化力 ◯陸栗 支那し な神代しんだいの帝王、栗陸りつりく氏を指すものと思はれる ◯士女の無知 理屈を知らない人々や女人にょにんのこと。

〔註一〕秦政强しと雖も漢の幷す所となり 秦政しんせいとはしん始皇帝しこうていのこと。始皇帝は六こくあわせて全國ぜんこくを統一すると、郡縣ぐんけん制度を採用して、各種の政治を改革し、中央集權しゅうけんじつげたが、元來がんらいとくを中心とした王道おうどう政治でなかつたので人民はこれ心服しんぷくせず、群雄ぐんゆう蜂起ほうきして、遂にかん高祖こうそとなつた劉邦りゅうほうに滅された。しんは結局天下を保つこと十五年で、二世皇帝をて、三世の王子えいの時に滅び、始皇帝しこうてい大計たいけいは夢と化したのである。

〔註二〕隋煬盛なりと雖も唐の滅す所となる 南北朝ずい文帝ぶんていの手で統一されてから、その子の煬帝ようだいは父をしいして帝位にき、うちには豪奢ごうしゃな生活をし、そとには限りない遠征を試み、私欲のために、人民を愛することを忘れた。ゆえに世は再びみだれ、ずいは四世三十七年でえんに滅された。これがとう高祖こうそである。ずいは我が國史こくし上、日支にっし國交こっこうの始めとして著名である。

〔註三〕唐虞 ぎょうしゅん支那し な古代の理想的な天子で、儒敎じゅきょうの上からは特に大切な人物となつてゐる。ぎょうしゅん祖述そじゅつすることが孔子こうしの全生命だつた。次に『論語ろんご』のうちからぎょうしゅん關係かんけいあるものを求めて見よう。

(一)いわく、だいなるかなぎょうきみたるや、巍巍ぎ ぎたり、ただてんだいなりとす。ただぎょうこれのっとる。蕩蕩とうとうとして、たみづくるなし。巍巍ぎ ぎとして成功せいこうあり、かんとして文章ぶんしょうあり。(泰伯)

(二)ぎょういわく、ああなんじしゅんてん曆數れきすうなんじり。まことちゅうれ。四かい困窮こんきゅうせば、てん祿ろくながへんと。(堯曰)

(三)子貢しこういわく、ごとひろたみほどこして、しゅうすくふあらば、如何いかんじんふべきかと。いわく、なんじんこととせん。かならずやせいかか。ぎょうしゅんこれめり。(雍也)

(四)子路し ろ君子くんしふ。いわく、おのれおさむるにけいもってすと。いわく、かくごときのみかと。いわく、おのれおさめてもっひとやすんずと。いわく、くのごときのみかと。いわく、おのれおさめてもって百せいやすんず。おのれおさめてもって百せいやすんずることは、ぎょうしゅんこれめりと。(憲問)

(五)しゅんまたもっめいず。いわく、われ小子しょうしあえ玄牡げんぼもって、あえあきらかに皇皇こうこうたる后帝こうていぐ。つみあるはあえゆるさず。帝臣ていしんおおはず。えらぶことていこころり。つみあらば、萬方ばんぽうもってすることなからん。萬方ばんぽうつみあらば、つみちんらんと。(堯曰)

(六)いわく、巍巍ぎ ぎたり。しゅん天下てんかたもつや、しかしてあずからず。(泰伯)

(七)樊遲はんちじんふ。いわく、ひとあいすと。ふ。いわく、ひとると。樊遲はんちいまたっせず。いわく、なおきをげてこれまがれるにくときは、まがれるものをしてなおからしむと。樊遲はんち退しりぞき、子夏し かいわく、さきわれ夫子ふうしまみえてふ。いわく、なおきをげてこれまがれるにくときは、まがれるものをしてなおからしむと。なんいいぞやと。子夏し かいわく、めるかなげんや。しゅん天下てんかたもちて、しゅうえらびて皋陶こうようげしかば、不仁者ふじんしゃとおざかりき。とう天下てんかたもちて、しゅうえらびて伊尹いいんげしかば、不仁者ふじんしゃとおざかりきと。(顏淵)

(八)しゅんしんにんありて、しかして天下てんかおさまる。武王ぶおういわく、われ亂臣らんしんにんありと。孔子こうしいわく、さいかたしと、しからずや。とうさいここおいさかんなりとなす。婦人ふじんあり、九にんのみ。天下てんかを三ぶんして、の二をたもち、もっいん服事ふくじす。しゅうとくは、至德しとくふべきのみ。(泰伯)

【大意謹述】し皇太子が溫和おんわで民に深く同情するおしえ本性ほんせいからゆうしてをり、明らかに筋道を立てて、遠大な計畫けいかく實現じつげんさせるために一歩づつ進んで理想の地に達せしむる覺悟かくごがあれば、申し分はない。しかし、それでも嚴格げんかくな意味から考へると、文字通りの完全とはいへぬ。不足がないともひ難い。ましてや、それらの方法及び帝王としてのとくを備へないで、どうして重要な帝位ていいに臨み得ようか。この事は希望と實際じっさいおこないとが一致しないことを意味する。例をげて說明せつめいすれば、うおる網を捨ててうおが網にかかるのを待ち、田畠たはたを耕作しないで榖物こくもつの熟するのを期待するのと同じで、德行とっこうもなく正しい政治方針をも持たずに帝位にくのは不可能だといはねばなるまい。まん一その不可能を無理に押し切つて天下を得たとしても、多分それは天神てんじんの意を得た正しい自己の所有ではなからう。支那し なに於いてしん始皇帝しこうてい絕大ぜつだいな勢力をふるひ天下を私有したものの、王道おうどう政治のじつあがらないのでただちにかん高祖こうそに天下を奪はれ、又ずい煬帝ようだい如何い かに勢力がさかんであつても、これも同じ理由でとう高祖こうそほろぼされてしまつた。共に無理に天下を所有した者の末路として、考へなければならない。

 それにもかかわらず、前後を考慮しないで君主の機嫌取りに汲々きゅうきゅうとしてゐる物事に暗い者は、の意見に反對はんたいしてこんな事をいふだらう。「我國わがくに萬世ばんせいけいの皇室を奉戴ほうたいしてゐるので、支那し なのやうにとくのない天子がとくのある者に地位を奪はれたり、自己の勢力をたのんで皇位うかがつたりする者は絕對ぜったいにない。ゆえに天子のとくわずかであつても、支那し なに例を見る如く、皇位を奪はれる心配もなく、又政治方針が徹底しないでくにみだれても、家柄いえがらの者が飛び出して横取よこどりするうれひもない。これは全く我が皇室の御祖先ごそせん及び御先祖ごせんぞ代々の御靈みたまが守護される所で、他國たこくして我がくにの優秀性はじつにここに見られるのである。しさうであるとすれば、天皇に特別のとくがなく、政治上の才能がなくとも、御代々ごだいだいの功績をぎ、みずかくにほろぼす程の大惡だいあくの行動さへなさらなければ、前代の習慣を守つてゐるだけで善良な帝王としての事は足りるのである。必ずしもぎょうしゅんと同じとくを持たずとも、また支那し な神代しんだいの帝王、陸栗りくりつ(栗陸氏の事か)だけの感化力がなくともよい」と。の何たるかを知らない人々や婦人などは、この種の主張を正しいとして、皆がく考へる有樣ありさである。