135 曉鷄聲 今上天皇(第百二十四代)

曉鷄聲

ゆめさめて我世わがよをおもふあかつきにながなきどりのこえぞきこゆる。

【字句謹解】◯ゆめさめて 夢めて、御夢おんゆめから御目覺お め ざめ遊ばすことで、「あかつき」のじょとして用ひられてある ◯我世をおもふ 陛下が御統治あらせられる現代日本の政治狀態じょうたいを御考慮あること ◯あかつき 夜明け方の意 ◯長なきどり にわとりのこと、天照大御神あまてらすおおみかみ岩戸いわとかくれの時に、にわとりこえげたとの故事があり、常世長鳴鳥とこよのながなきどりとして記されてゐるのにる。

〔注意〕本御製ほんぎょせいは昭和七年度の新年御題ぎょだい曉鷄聲あかつきのけいせい」につてえいぜられたもので、御意ぎょい明治天皇

 あかつきのねざめしづかに思ふかなわがまつりごといかがあらむと

と全く同一の御趣旨ごしゅしのやうにはいする。

【大意謹述】夜半よ わの夢から目めて、夜明け方に、現にちんが統治してゐる日本の政治狀態に就いて考へてゐると、新春第一じつを告げるとりこえが、いきおいよくほがらかに耳に入つてた。

【備考】明治天皇御雄風ごゆうふうをそのまま受繼うけつたまへる今上きんじょう陛下が、平生へいぜい政治上に最も精勵せいれいあらせられ、昭和の日本を進展せしむるがために、大御心おおみこころを傾けさせたまへることは國民こくみんのすべてが悅喜えっきする所である。新しい年を迎へるにあたつて、づその春の最初に行ふべき政治を如何い かにすべきかととりこえ御耳おみみにされながら、靜思せいしなされた御熱誠ごねっせいたいし、國民こくみんは感激せざるを得ない。將來しょうらいの日本は、必ずや明治時代の偉觀いかんにひとしい一大展開を實現じつげんするであらうことが期待せられる。その豫示よ じともいふべきものは、この有難い御製ぎょせいである。