6 多遲比野 履中天皇(第十七代)

多遲比野

多遲比怒邇、泥牟登斯理勢波、多都基母母、母知氐許麻志母能、泥牟登斯理勢婆。

【謹譯】多遲比野た じ ひ ぬに、むとりせば、防壁たつごもも、ちてましもの、むとりせば。

【字句謹解】◯多遲比野 河內國かわちのくに丹比郡たちひごおりにある〔註一〕參照さんしょう ◯寢むと知りせば ると知つたならば ◯防壁 屛風びょうぶのやうに御座ぎょざの脇に立て𢌞まわすもの、こもんで作る ◯來ましもの たであらうものを。

〔註一〕多遲比野 本御製ほんぎょせい天皇が酒にはれて御寢中ぎょしんちゅう御弟君おんおとうとぎみ墨江中王すみのえのなかつみこ謀叛むほんがあり、危く虎口ここうを逃れて多遲比野た じ ひ のみゆきせられた際にえいたもうたのである。『古事記下卷げかんにはこの事件を次の如く記してゐる。

  もと難波なにわの宮にしし時、大嘗おおにえして、豐明とよのあかりせす時に、大御酒おおみきうらげて、大御寢おおみねましき。ここにその御弟おんおとうとすみ中王なかつみこ天皇すめらみことを取りたてまつらむとして、大殿おおとのに火をつけたりき。ここやまとあやあたえおや阿知あ ちあたえ、盜みでて、御馬みうまたてまつりて、やまとにいでまさしめき。かれ多遲比野た じ ひ ぬに到りまして、めまして、ここは何處いずこぞとたまひき。かれ阿知あ ちあたえもうさく、すみなかみこ大殿おおとのに火をたまへり。かれまつりてやまとに逃げくなり、ともうしき。ここに天皇すめらみことうたはしけらく、云々

【大意謹述】ちんがこんな狀態じょうたいにありながら、この多遲比た じ ひの野原でつづけると前以て知つてゐたならば、周圍しゅういに立てまはして夜風を防ぐ物を必ず持つてたに相違ないのであつた。あゝ、我ながら不覺ふかくであつた。この多遲比た じ ひはらで寒い目にあひ、つづけるなどとは、全く考へないで、をゆるしてしまつたことよ。

【備考】事變じへんつて、迷惑せられた心持こころもちを率直に表現されてゐる。天皇は、平生へいぜい住吉仲皇子すみのえのなかつみこ(墨江中王)を信じてをられただけに、そのおん驚きは深かつたことであらう。快い醉臥すいがの平和をたちまち破られて、ひろい野で寒い風に吹かれながら、やみたいせられた當時とうじ御有樣おんありさが想像せられる。