49 刺客ヲ捜索セシムルノ勅 明治天皇(第百二十二代)

刺客せっかく捜索そうさくセシムルノみことのり(明治四年二月 太政官日誌)

【謹譯】參議さんぎ廣澤ひろざわ眞臣まさおみへんあうちんすで大臣だいじん保庇ほ ひスルコトあたハス。またそのぞく逃逸とういつス。そもそも維新いしんヨリ以來いらい大臣だいじんがいかかものにんおよヘリ。これちん不逮ふたいニシテ朝憲ちょうけんタス、綱紀こうきおごそかナラサルノいたところちんはなはこれうらム。それ天下てんかれいシ、おごそか捜索そうさくセシメ、ぞく必獲ひっかくセヨ。

【字句謹解】◯刺客 人を暗殺する犯罪者 ◯廣澤眞臣 明治維新功臣こうしん〔註一〕參照さんしょう ◯保庇 かばひ助ける ◯逃逸 のがしてしまふ ◯大臣ノ害ニ罹ル者三人 大村おおむら益次郞ますじろう横井よこい小楠しょうなん(當時の參與)及び廣澤ひろざわ眞臣まさおみ〔註二〕參照 ◯不逮 力の及ばぬこと ◯朝憲 國法こくほうに同じ ◯綱紀 のつとり治めてゆくこと、ここでは官廳かんちょう風紀ふうきを意味す ◯ つつしみ、引締ること ◯必獲 必ず捕へる。

〔註一〕廣澤眞臣 長州ちょうしゅうはぎの人、通稱つうしょう兵助ひょうすけつた。明治維新の際、功勞こうろうがあつたので、明治元年參與さんよに任ぜられ、次いで參議さんぎとなり、木戸き ど孝允こういんと肩をならべるほどの勢力があつた。精悍せいかん眉宇び うあふれるといつたやうな人で、議論にも長じ、往々おうおう薩派さっぱの人々にはつよあたるので、けむがられてゐた。ただ何のめに暗殺されたか、一こうにわからず、それに犯人が、いつ迄も不明だつた。眞臣まさおみが世を去つたのは三十九さいの時である。

〔註二〕横井小楠 肥後ひ ご熊本の人、細川侯ほそかわこう世臣せしんで、名を時存ときあり通稱つうしょう平四郞へいしろうつた。年少の時から才氣さいきすぐれ、學問がくもんもよく出來た。天保てんぽう十年、藩主はんしゅの命によつて、江戸に遊學ゆうがくし、有力な學者がくしゃまじわつたがこと藤田ふじた東湖とうこと親しくした。慶應けいおう二年、アメリカに赴き、新知識をもたらして歸朝きちょうすると、されて制度局せいどきょくの判事となり、次いで參與さんよに任ぜられた。れが明治二年一月、暗殺されたのは、つと開國論かいこくろんを唱へ、つキリストきょうを信じたことから誤解されためである。

【大意謹述】參議さんぎ廣澤ひろざわ眞臣まさおみが暗殺されたことは、しんに悲しむべき事だ。ちんはかく大臣をかばひ助けることが出來ぬのみならず、犯人がのがれ去つて、行方ゆくえがわからぬといふことはいかにも殘念ざんねんである。そもそ維新いしん以來いらい、大臣の地位にゐる臣下しんかで暗殺のやくつたものが最早もはや三人に及んでゐる。それは朕が力の及ばぬめで、つまり、國法こくほう面目めんもくが立たず、風紀ふうきみだれてゐるところから、かうした不祥ふしょう事件を生じたのだと思ふ。それは、いかにもうらみ多いことである。よって天下に命令を下し、おごそかに犯人を捜索させ、必ずれを捕へるやうに力を致さねばならない。