30 鴨川を穢すことを禁ぜむと賀茂縣主廣友の請へるに報ずるの勅 仁明天皇(第五十四代)

鴨川かもがわけがすことをきんぜむと賀茂縣主かものあがたぬし廣友ひろともへるにほうずるのみことのり(承和十一年十一月 續日本後紀

宜仰當國、迄于河源、嚴加禁斷。若違犯者、禁其身申送。國郡司幷禰宜祝等、許容之者、必處科。

【謹譯】よろしく當國とうごくおおせて、河源かげんいたまでおごそかに禁斷きんだんくわふべし。違犯いはんするものは、いましめてもうおくれ。國郡司こくぐんのつかさならび禰宜ね ぎほうりこれ許容きょようするものは、かならしょせん。

【字句謹解】◯鴨川 山城國やましろのくに流れる川の名 ◯當國 山城國やましろのくにの意 ◯河源 河の上流のこと ◯嚴かに 嚴重げんじゅうに ◯禁斷を加ふべし 鴨川かもがわ穢物わいぶつまじへることを禁ずる命令をはっしなければならない ◯違犯する者 命令にしたがはない者 ◯其の身を禁めて その者の自由を失はせて ◯禰宜祝等 男女の神官しんかんをいふ ◯許容 許したり大目に見たりすること ◯科に處す 罪にしょする。

【大意謹述】現在、水の淸潔せいけつを保つため早速山城國やましろのくにに命じて、鴨川かもがわの上流に至るまで、穢物わいぶつまじへることを嚴重げんじゅうに禁止させなければならない。ちんのこの命令にしたがはない者があれば、その人物をいましめ、自由を奪つてぐ報告するがよい。國司こくしぐん役人及び男女の神官しんかんなどが、それを許したり大目に見たりすれば、必ず罪にしょする。

【備考】鴨川かもがわは、京都の風致上、重要な役目をびてゐる。春に夏に秋に冬に、鴨川の流れは、一種の柔かい情趣じょうしゅを添へてゐる。かの三十六ぽうながめの如きも鴨川から見るのが一番よい。だからこれを汚すことは、詩美し び冒瀆ぼうとくすることだ。本勅ほんちょくは、鴨川の美を保ち、淸潔せいけつを保つため、重大な意義をびたものと拜誦はいしょうせられる。