15-2 東宮の事について群臣に下し給へる宣命 稱德天皇(第四十八代)

東宮とうぐうことについて群臣ぐんしんくだたまへる宣命せんみょう(第二段)(天平寶字八年十月 續日本紀

復勅、人人己比岐比岐此人、我功成君位謀、竊伊左奈須須牟己止莫。己可衣之不成事止曾、先祖滅繼絕。自今以後仁方、明、可仁可久仁止佐末多久奈久之天、敎賜乃末仁末仁奉侍勅御命、諸聞⻝勅。

【謹譯】またりたまはく、人人ひとびとおのがひきひきにひとてていさおとなさむとおもひて、きみくらいはかり、ひそかにこころかよはしてひとをいざなひすすむことなかれ。おのがえしなさぬことをはかるとぞ、先祖お やかどほろぼしつぎちぬる。いまよりのちにはあきらかにただしきこころをもちて、かにかくにとおもひさまたくことなくして、おしへたまひのまにまにつかへまつれとりたまふ御命おおみことを、もろもろきこしめさへとる。

【字句謹解】◯己がひきひき 自分のこのむにまかせて ◯我が功となさむ 自分の功績としてよい地位を得ようとする ◯君の位を謀り 臣下しんかとして絕對ぜったいくちばしをいれてはならない皇位こういいて云々うんぬんする ◯己がえしなさぬこと 皇太子の決定けん天皇にあられるので、臣下しんかがそれを欲しても出來で きるものではないとの意。おのれ天皇以外の人々 ◯先祖の門も滅ぼし 先祖せんぞからいだ家門かもんほろぼすこと ◯繼も絕ち 後繼者こうけいしゃえる。この種の事件は當時とうじ仲麻呂なかまろそのの上にもあつた。『神祇じんぎ佛敎ぶっきょう篇』『軍事外交篇』参照さんしょう ◯さまたく さまたぐの意であらうといはれてゐる。

【大意謹述】天皇は更におおせられる。人々のうちには、自分の好み、あるいは特殊關係かんけいによつて、る人を皇太子にしようと運動し、それを自分の功績として地位の昇るのを考へる者もある。臣下しんかとしてくちばしれてはならない皇位こういいて云々うんぬんしたり、祕密裡ひみつり默契もっけもとに推薦運動をおこなうたりするのは固くこれを禁ずる。自分等が行へない目的を行はうとするからこそ、先祖せんぞから無事に受けいだ家門かもんほろぼし、後繼者こうけいしゃやす結果になるのである。今後は忠義に厚い、正直な心で、天皇御意ぎょいをあれやこれやと妨げることなく、萬事ばんじ敎戒きょうかいしたがつて奉仕するやうにありたい。右おおせられる御詞みことばを、一同の方々もきこしめすやうもうし上げる。

【備考】本勅ほんちょくについては、その事情を『神祇じんぎ佛敎ぶっきょう篇』その他で述べて置いたから、ここにはれない事とする。ただ當時とうじ淳仁じゅんにん天皇はいせられたのち孝謙こうけん上皇じょうこう法衣ほうえけつつ政務を總攬そうらんせられたものの、上下共に動搖どうよう不安の色が著しかつたので、本勅ほんちょくたもうて、人心じんしんの安定を計られたことだけを一げんもうし添へる。