15-1 東宮の事について群臣に下し給へる宣命 稱德天皇(第四十八代)

東宮とうぐうことについて群臣ぐんしんくだたまへる宣命せんみょう(第一段)(天平寶字八年十月 續日本紀

諸奉侍上中下人等良末久、國止方皇太子置定天、心於多比、常人念云所在。然今間此太子定不賜在故、人家武止流毛、必能之毛不在、天不授所在人、受天毛坐物仁毛不在、後壞。故是以、人流爾不得、力倍伎仁毛不在、猶天由流之天倍伎良牟止定不賜奴仁己曾阿禮。此天津日嗣位朕一、後不定止仁方不在。今之紀乃念見定牟仁、天授賜方牟、漸漸現奈武止天奈毛定不賜勅御命、諸聞⻝勅。

【謹譯】もろもろつかへまつる上中下かみなかしもひとどものおもへらまく、くにしずめとは、皇太子ひつぎのみこさだめてし、こころやすくおだひにありと常人つねびとおもふことにあり。しかるにいま太子み こさだめたまはずあるゆえは、ひとけむとおもひてさだむるもかならくしもあらず、あめさずけざるをてあるひとは、けてもまたいますものにもあらず、のちやぶれぬ。ここおもへばひとさずくるによりてもず、ちからをもちてあらそふべきものにもあらず、なおあめのゆるしてさずくべきひとはあらむとおもひてさだめたまはぬにこそあれ。天津あまつ日嗣ひつぎくらい一人ひとりむさぼりて、のちよつぎさだめじとにはあらず。いましきのは、おもさだめむに、あめさずけたまはむところ漸々ようようあらはれなむとおもひてなもさだめたまはぬとりたまふ御命おおみことを、もろもろきこしめさへとる。

【字句謹解】◯上中下の人ども 朝廷に奉仕する人々全部の意 ◯思へらまく まくはむの延言えんげん、思ふかも知れないこと ◯國の鎭め くにが微動もしないこと ◯おだひに おだやかに ◯今の間 當分とうぶんの間の意 ◯天の授けざるを得てある人 天命てんめいを受けないで皇太子の地位を得た人 ◯後に壞れぬ 結局はその地位を去るやうになつてしまふ ◯今しきの間 今しばらくの間と同じ、は添へたことば

〔注意〕本詔ほんしょう天平てんぴょう寶字ほうじ八年十月九日にくだたまはつたので、同日のみことのりとしては、このほか

(一)淳仁じゅんにん天皇はいたまふの宣命せんみょう(續日本紀)(二)親王ふねのみこ池田親王いけだのみこを流したまふの宣命せんみょう(續日本紀

がある。

【大意謹述】朝廷に奉仕してゐる人々のすべてが、その地位の如何いかんかかわらず、くにかなえの重きを持して微動だもしないのは、皇太子を決定するからであつて、その後に於いて始めて國民こくみん安堵あんどし、國家こっか平穩へいおんに治るであらうと考へる。一般國民もまた同樣どうように思ひ、この事を口にしてゐるやうである。それにもかかわらず、ちん當分とうぶんの間、皇太子を定めないのは相當そうとうの理由があるので、朕はこの問題について次のやうに考へる。皇太子は人々が適當てきとうだと思ふ人を定めても、必ずしもその人物が正しい意味で適任だとは限らない。天神あまつみかみ御意ぎょいを得て、天から授け給はつたものでない以上、一度は皇太子の地位についても、その地位をまっとうすることが出來ず、結局はその地位を去るやうになつてしまふ。ゆえにこのてんから考へるのに、人々が定める者であつてもいけず、また勢力これを競ふ性質のものでもなく、かみ御意ぎょいを得て授ける人もあらうと考へ、決定しないでゐる。この萬世ばんせいけい皇位こういに朕が永くとどまらうと思つてそのために皇太子を決定しないのではない。今しばらくの間そのになつて樣子ようすを見れば、天神あまつみかみ御意ぎょいを得た、最適任者が必ずや出現するであらうと思ひ、それを待つ意味で決定しないのである。かやうにおおせられる天皇御詞みことばを、一同の方々もきこされるやうもうし上げる。