11 讓位の宣命 聖武天皇(第四十五代)

讓位じょうい宣命せんみょう天平勝寶元年七月 續日本紀

現神御宇倭根子天皇御命良麻止宣御命、衆聞⻝宣。

高天原神積坐皇親神魯伎神魯美命以、吾孫將知⻝國天下言依奉隨、遠皇祖御世始而、天皇御世御世聞看來⻝國天日繼高御座止奈母、隨神所念行波久止天皇御命、衆聞⻝勅。

平城御宇天皇之久、挂畏近江大津御宇天皇、不改常典初賜定賜都流法隨、斯天日嗣高御座業者御命坐世、伊夜嗣御命聞看御命、畏自物受贈、⻝國天下惠賜治賜、萬機密久志天、御身不敢賜有、隨法天日嗣高御座業者、朕子王授賜天皇御命親王等王臣等百官人等、天下公民、衆聞⻝宣。

【謹譯】現御神あきつみかみあめしたろしめす倭根子天皇やまとねこすめらみこと御命おおみことらまとりたまふ御命おおみことを、もろもろきこしめさへとる。

高天原たかまのはらかんまります皇親すめむつ神魯伎かんろぎ神魯美かんろみみこともちて、みまみことらさむ⻝國おすくにあめしたことさしたてまつりのまにまに、遠皇祖とおすめろぎ御世み よはじめて、天皇すめら御世み よ御世み よきこしめしくる⻝國おすくに天日嗣あまつひつぎ高御座たかみくらわざとなも、かんながらおもほしめさくとりたまふ天皇すめら御命おおみことを、もろもろきこしめさへとる。

平城な らみやあめしたろしめしし天皇すめらみことたまひしく、けまくもかしこ近江おうみ大津おおつみやあめしたろしめしし天皇すめらみことの、かわるまじき常典つねののりはじたまさだめたまひつるのりのまにまに、この天日嗣あまつひつぎ高御座たかみくらわざ御命おおみことにませ、いやぎに御命おおみこときこしめせとりたまふ御命おおみことを、かしこじものうけたまはりまして、⻝國おすくにあめしためぐみたまひおさめたまふに、よろずまつりごとしげくおおくして、御身おんみへたまはずあれ、のりのまにまに天日嗣あまつひつぎ高御座たかみくらわざは、子王み こさずたまふとりたまふ天皇すめらみこと御命おおみことを、親王み こたち、おおきみたち、おみたち、百官もものつかさひとたち、あめした公民おおみたから、もろもろきこしめさへとる。

【字句謹解】◯倭根子天皇 ここでは聖武しょうむ天皇御事おんこと ◯神魯伎・神魯美の命 前にも說明せつめいした通り、高皇產靈神たかみむすびのかみ神皇產靈神かみむすびのかみ ◯平城の宮に天の下知ろしめしし天皇 元正げんしょう天皇御事おんこと ◯宣りたまひしく 元正げんしょう天皇が以前に聖武しょうむ天皇おおせられたのである ◯近江の大津の宮に天の下知ろしめしし天皇 天智てんぢ天皇御事おんこと ◯汝が命 聖武しょうむ天皇御事おんこと ◯畏じもの かしこみたてまつる意 ◯御身敢へたまはずあれ 萬機ばんきが多くしげ續々ぞくぞくとあるので、そのために御身おんみへられないの意、「あれ」はあればといふこと ◯朕が子王 孝謙こうけん天皇を指す。

〔注意〕『日本紀しょくにほんぎまきの十七には、本詔ほんしょうつづいて、「また」として孝謙こうけん天皇卽位そくい大詔たいしょうはいせられる。つまり原文によれば、聖武しょうむ天皇御讓位ごじょういみことのり孝謙こうけん天皇御卽位ごそくいのものとは連續れんぞくしてゐるのだが、本篇では卽位そくい大詔たいしょうを次に謹述きんじゅつすることにした。

【大意謹述】現人神あらひとがみとして天下を御統治ある聖武しょうむ天皇おおせられた御詞みことばを、一同の方々が拜承はいしょうされるやうもうし上げる。

 日本國は高天原たかまのはらられる我が皇室の御先祖ごせんぞ高皇產靈神たかみむすびのかみ神皇產靈神かみむすびのかみが、御自分の御血統の支配あらせられる天下だとおおせられてゆだねられた地である。爾來じらい遠い御祖みおや天皇がたの御世み よから諸天皇が代々支配あらせられた、この萬世ばんせいけい皇位こうい天業てんぎょう繼承けいしょうされた現世神あきつかみ天皇おおせを、一同の方々もきこしめされるやうにともうし上げる。

 平城宮ならのみやで天下を統治あらせられた元正げんしょう天皇は、かつちんに次のやうにおおせられたことがあつた。「恐れ多くも近江おうみ大津おおつみやにましまして天下を統治あらせられた天智てんぢ天皇が、永久不變ふへんの規定として、初めて定められた國法こくほうしたがつて、この萬世ばんせいけい皇位こうい御先祖ごせんぞ大命たいめい通りに、なんじたてまつれ」とおおせられる御詞おことばを、朕はこの上もなくおそれつつしんで受けまゐらせ、平生へいぜい、天下を支配し國民こくみん愛撫あいぶしてゐるに、次第に國政こくせい多事た じとなり、そのため、健康上堪へられなくなつたので、國法こくほうによつて、萬世ばんせいけい皇位こういは、朕の御子み こ孝謙こうけん天皇に授けられるとおおせられる天皇御詞みことばを、親王しょしんのう諸王しょおう諸臣しょしん及び百かんの人々、國民全部もすべ拜承はいしょうされるやうもうし上げる。