57-2 大日本帝國憲法發布ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

大日本だいにっぽん帝國ていこく憲法けんぽう發布はっぷ詔勅しょうちょく(第二段)(明治二十二年二月十一日)

【謹譯】國家こっか統治とうち大權たいけんハ、ちんこれ祖宗そそうケテ、これ子孫しそんつたフルところナリ。ちんおよちん子孫しそんハ、將來しょうらい憲法けんぽう條章じょうしょうしたがヒ、これおこなフコトヲあやまラサルヘシ。

ちん臣民しんみん權利けんりおよ財產ざいさん安全あんぜん貴重きちょうシ、およこれ保護ほ ごシ、憲法けんぽうおよ法律ほうりつ範圍內はんいないおいテ、享有きょうゆう完全かんぜんナラシムヘキコトヲ宣言せんげんス。

帝國ていこく議會ぎかい明治めいじ二十三ねんもっこれ召集しょうしゅうシ、議會ぎかい開會かいかいときもっテ、憲法けんぽうヲシテ有效ゆうこうナラシムルノトスヘシ。

【字句謹解】◯國家統治ノ大權 國家こっかの各方面を支配する最高けんの意で、天皇大權たいけんを指された ◯貴重 重くとうとぶ ◯享有 受け保つこと ◯宣言ス ひろく一般に向つて言ひ告げる ◯有效ナラシムルノ期 法律としての效果こうか發揚はつようするの時期。

〔注意〕詔勅ほんしょうちょく連關れんかんして

(一)國會こっかい開設ノ詔勅しょうちょく(明治十四年十月十二日)(二)皇室こうしつ典範てんぱん制定ノ詔勅(明治二十二年二月十一日)(三)貴族院きぞくいんれいならび伯子はくし男爵だんしゃく選擧せんきょ規則及ヒ多額納稅者のうぜいしゃ互選ごせん規則施行しこう詔勅(明治二十三年二月十七日、官報)(四)第一帝國ていこく議會ぎかい召集しょうしゅう詔勅(明治二十三年十月九日)などがある。次に引用する二しょうは同日に發布はっぷされたものとして、重要なものである。

皇室こうしつ典範てんぱんおよ憲法けんぽう制定せいていいての御告文ごこくぶん(明治二十二年二月十一日、官報號外)

皇朕すめらわつつしかしこ皇祖こうそ皇宗こうそう神靈しんれいもうさく、皇朕すめらわ天壤てんじょう無窮むきゅう宏謨こうぼしたがひ、惟神かむながら寶祚ほうそ承繼しょうけい舊圖きゅうとを保持して、あえ失墜しっついすること無し。かえりみるに世局せきょく進運しんうんあた人文じんぶん發達はったつしたがひ、よろし皇祖こうそ皇宗こうそう遺訓いくん明徵めいちょうにし、典憲てんけん制立せいりつ條章じょうしょう照示しょうじし、うちもって子孫の率由そつゆうする所とし、そともっ臣民しんみん翼賛よくさんの道をひろめ、永遠に遵行じゅんこうせしめ、ますます國家こっか丕基ひ き鞏固きょうこにし、八洲はっしゅう民性みんせい慶福けいふく增進ぞうしんすべし。ここ皇室こうしつ典範てんぱん及び憲法を制定す。おもふにみな皇祖こうそ皇宗こうそう後裔こうえいのこしたまへる統治の洪範こうはん紹述しょうじゅつするにほかならず。しかしてちんおよびて時ととも擧行きょこうすることをるは、まこと皇祖こうそ皇宗こうそう及び我が皇室の威靈いれい倚藉いしゃするにらざるは無し。皇朕すめらわあおぎ皇祖こうそ皇宗こうそう及び皇考こうこう神祐しんゆういのり、あわせてちんが現在及び將來しょうらい臣民しんみん率先そっせんし、憲章けんしょう履行りこうしてあやまらざらむことをちかふ。庶幾こいねがわくば神靈しんれいれをかんがみたまへ。」

憲法けんぽう發布はっぷ勅語ちょくご(明治二十二年二月十一日、官報

ちん國家こっか隆昌りゅうしょう臣民しんみん慶福けいふくとをもって中心の欣榮きんえいとし、ちん祖宗そそうくるの大權たいけんり、現在及び將來しょうらい臣民しんみんたいし、不磨ふ ま大典たいてん宣布せんぷす。

おもふに我が我がそうは、我が臣民しんみん祖先そせんの協力輔翼ほよくり、我が帝國ていこく肇造ちょうぞうし、もっ無窮むきゅうれたり。れ我が神聖しんせいなる祖宗そそう威德いとくと、ならび臣民しんみん忠實ちゅうじつ勇武ゆうぶにしてくにを愛しこうしたがひ、もっ光輝こうきある國史こくし成跡せいせきのこしたるなり。ちん、我が臣民しんみんすなわ祖宗そそう忠良ちゅうりょうなる臣民しんみんの子孫なるを囘想かいそうし、ちん奉體ほうたいし、ちんこと奬順しょうじゅん相與あいとも和衷わちゅう協同し、益々ますます我が帝國ていこく光榮こうえい中外ちゅうがい宣揚せんようし、祖宗そそう遺業いぎょうを永久に鞏固きょうこならしむるの希望をおなじくし、負擔ふたんわかつにふることをうたがはざるなり。」

【大意謹述】最高の地位に立つて國政こくせいを統治する天皇としての大權たいけんは、ちん祖先そせんからぎ、子孫につたへる所のものである。ちんちんの子孫とは、將來しょうらいこの憲法の定めた條目じょうもくを守り、決して誤つた運用をしてはならない。

 ちんは今ここに我が帝國ていこく臣民しんみんの有する各種の權利けんり財產ざいさんの安全とを尊重し、これに保護を加へ、この憲法及び法律の意味する範圍內はんいないで、各人かくじんが以上の權利けんり・安全を受け保ち、何等なんらから妨害されないことをひろく一般に告げ知らせる。

 帝國ていこく議會ぎかいは明治二十三年をし、地方から代議士だいぎし召集しょうしゅうする。議會ぎかい開會かいかいの時に始めてこの憲法有效ゆうこうなものとならう。