10-8 東國の朝集使を訓諭し給へる詔 孝德天皇(第三十六代)

東國とうごく朝集使ちょうしゅうし訓諭くんゆたまへるみことのり(第八段)(大化二年三月 日本書紀

別鹽屋鯯魚、神社福草、朝倉君、椀子連、三河大伴直、蘆尾直、此六人奉順天皇。朕深讃美厥心。宜罷官司處處屯田、及吉備島皇祖母處處㒃稻、以其屯田、班賜群臣及伴造等。又於脫籍寺、入田與山。

【謹譯】べつ鹽屋連しおやのむらじ鯯魚このしろ神社福草かみこそのさきくさ朝倉君あさくらのきみ椀子君まりこのきみ三河大伴直みかわのおおとものむらじ蘆尾直すすきおのあたいの六にん天皇てんのうしたがたてまつる。ちんふかこころ讃美さんびす。よろしく官司つかさ處處ところどころ屯田み たおよ吉備島皇祖母きびしまのすめみおや處處しょしょ㒃稻いらしのいねめ、屯田み たもって、群臣ぐんしんおよ伴造とものみやつこわかたまふべし。またせきれたるてらに、やまとをれよ。

【字句謹解】◯鹽屋連鯯魚 鹽屋連しおやのむらじ武內宿禰たけのうちのすくねの子の葛城曾都彥かつらぎのそつひこだとしょうせられてゐる ◯神社福草 神社かみこそせいであるが、系統は不詳ふしょう ◯椀子連 このむらじ日臣命ひのおみのみことせいの孫にあた金村大連かなむらのおおむらじであるといはれる ◯三河大伴直 大伴部直おおともべのあたいの一族が三河みかわに居た時のしょうであらうといはれる ◯蘆尾直 この系は未詳みしょうである ◯官司の處處の屯田 現在官吏かんりの統治してゐる諸々の御料田ごりょうでん ◯吉備島皇祖母 天皇御母君おんははぎみにまします吉備姬王き び ひ めのことを申したてまつる。『皇極紀こうぎょくき』の二年九月にこうぜられた。島とは大和國やまとのくに高市郡たけちごおりのある所で、その地にましました ◯㒃稻 一ぽんには貸稻かしいねとあり、小作人こさくにんに作らせてゐる田の意 ◯籍に脫れたる 寺院として朝廷に報告されず、したがつて何等なんら恩典おんてんよくしなかつた平寺ひらでら。これに山又は田をたまわつたのである。

【大意謹述】その鹽屋連しおやのむらじ鯯魚このしろ神社福草かみこそのさきくさ朝倉君あさくらのきみ椀子君まりこのきみ三河大伴直みかわのおおとものあたい蘆尾直すすきおのあたいの六人は忠順ちゅうじゅん天皇めいしたがたてまつつた。ちんはそれを深くよみする。ゆえに早速諸方しょほう官吏かんりが治めてゐる御料田ごりょうでん、及び大和やまと高市郡たけちごおりにある朕の亡き母君吉備姬王き び ひ めが所有されてゐた諸處しょしょ小作地こさくちとどめ、その御料田ごりょうでん群臣ぐんしん及び伴造とものみやつこなど、今げた人々に分配するのがよい。又、寺院の籍帳せきちょうに入らない平寺ひらでらに、この際、田と山とをたまはるやう致したい。