43-2 石淸水八幡宮に奉幣の宣命 朱雀天皇(第六十一代)

石淸水いわしみず八幡宮はちまんぐう奉幣ほうへい宣命せんみょう(第二段)(天慶四年八月 本朝世紀

るも、東山賊首去年被斬戮、南海魁帥今夏就梟懸多利。是只掛畏大菩薩恤賜倍留奈利となん。畏喜御祈乎母奉果牟度須る爾、神寶金銀練久、彫練巧妙造餝之間、其程可逈。仍且從四位下行左中辨兼內藏頭源朝臣相職差使、禮代御幣令捧持。掛畏大菩薩、此狀平聞⻝、彌益國家平安人民快樂助恤賜

【謹譯】しかるもしるく、東山とうざん賊首ぞくしゅ去年こぞのとし斬戮ざんりくせられ、南海なんかい魁帥かいすい今夏こんか梟懸きょうけんきたり。けまくもかしこ大菩薩だいぼさつあわれたまへりなりとなん。かしこよろこたま御祈おんいのりをもはたまつたまはむとするに、神寶しんぽう金銀きんぎんることひさしく、彫練ちょうれん巧妙こうみょうつくかざるのあいだほどとおかるべし。りてまさじゅこう左中辨さちゅうべんけん內藏頭くらのかみ朝臣みなもとのあそみ相職すけもと使つかはして、禮代いやじろ御幣みてぐらささたしめてまつたまふ。けまくもかしこ大菩薩だいぼさつさまたいらきこしめしていよいよますます國家こっか平安へいあんに、人民じんみん快樂かいらくたすすくたまへ。

【字句謹解】◯然るも驗く このいのりをきこされてたちまちに效果こうかがあつたこと ◯東山の賊首 東方に根據こんきょする賊の張本人平將門たいらのまさかどのこと。〔註一〕參照 ◯斬戮せられ り殺される ◯南海の魁帥 南方のうみに浮ぶ賊の指揮者藤原純友ふじわらのすみとものこと。〔註二〕參照 ◯梟懸に就きたり 首をられて皆の目の前にさらされた ◯練ること久しく 金銀を工合ぐあいよくるのに時間を費す意 ◯其の程逈かるべし 出來上るのには相當そうとうの時をついやすであらう ◯且に 早速の意 ◯左中辨 中辨ちゅうべんとは太政官だじょうかん判官はんがんの一で、大辨だいべん次位じ いしょう、これに左右あつて、その左方が左中辨さちゅうべんである ◯內藏頭 內藏寮うちくらのつかさの長官のこと。內藏寮うちくらのつかさとは中務省なかつかさしょう被管ひかんで、佳節かせつ御膳ぎょぜん・一切の寶物ほうもつ御服ぎょふく祭祀さいし奉幣ほうへいなどをつかさどるところ ◯平に聞しめして 御怒おいかりなくきこしめされて。

〔註一〕將門の亂 世に天慶てんぎょうらんとして知られてゐるもの。平將門たいらのまさかど桓武かんむ平氏へいしである平高望たいらのたかもちの孫で、生來せいらい勇敢であり、檢非違使け び い しの地位を求めて失敗し、下總しもふさかえつて伯父國香くにかを殺し、天慶てんぎょう二年猿島さしまつて反した。翌三年に至つて國香くにかの子貞盛さだもり及び押領使おうりょうし藤原秀郷ふじわらのひでさとらに攻められ、遂にちゅうせられた。

〔註二〕藤原純友 最初、瀨戸內海せとないかい地方の海賊かいぞく取締とりしまりに命ぜられたが、遂にそれらを率ゐて反し、淸和せいわ天皇の孫にあた源經基みなもとのつねもと及び小野好古おののよしふる天慶てんぎょう四年ちゅうされた。地方武士の漸次ぜんじ勢力を得てたことが、この二らんつて考へられる。

【大意謹述】ちんがこのよしいのると、たちま效果しるしがあつて、東方の山地に居た賊の頭領とうりょう平將門たいらのまさかどは去年られ、南方のうみに浮ぶ賊の指揮者藤原純友ふじわらのすみともは今年の夏に至つてその首を諸人しょにんの目にさらすやうになり、國家の大難だいなんは去つた。これといふのも申すも恐れ多い次第だが、八幡はちまん大菩薩だいぼさつ御同情ごどうじょうたもうたものに相違そういなからうと、一そう崇拜すうはいの念を滿悅まんえつしてゐる。つて以前のちかいはたまつらうとしたが、神寶しんぽうに使用する金銀をるのに多くの時を費し、たくみに造り飾り彫るのに思ひのほか時間がかかり、完全に出來上るまでには、相當そうとうの長きを要するとのことである。ゆえに只今すぐにじゅこう左中辨さちゅうべんけん內藏頭くらのかみ朝臣みなもとのあそん相職すけもとを派遣し、誓言せいげん當分とうぶん延びる御禮おれい御幣ごへいを捧げしめる次第である。くちに掛けるのもおそれ多い八幡はちまん大菩薩だいぼさつには、以上の事情をきこしめして延引えんいんをおいかりなく、今後共に一そう國家を平安に、國民を安堵あんどにすることを御援助ごえんじょ御同情ごどうじょうあらせられるやうに願ひたてまつる。