読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

41-3 六衞府送るところの釋奠の祭牲を定むるの勅 光孝天皇(第五十八代)

衞府え ふおくるところの釋奠せきてん祭牲さいせいさだむるのみことのり(第三段)(仁和元年十一月 三代實錄)

(其の二)牲代の魚色を定むべき事

式云、享日在諸祭之前、及與祭相當、停用三牲及兎、代以鮮魚。而今諸衞所進牲代物、或乾魚或果子、所送非一、猥任人意。宜令六府、送鮒鯉鮮潔者也。

【謹譯】しきふ。享日きょうじつ諸祭しょさいまえにあり、およまつり相當あいあたれば、三せいおようさぎもちひるをめ、かわるに鮮魚せんぎょもってすと。しかいましょすすむるところいけにえ代物だいぶつは、あるい乾魚ほしうおあるい果子か しにして、おくところ一にあらず、みだりに人意じんいまかす。よろしく六れいし、鮒鯉ふ り鮮潔せんけつなるものおくるべし。

【字句謹解】◯式に云ふ しきとは『大學式だいがくしき』のこと。それには「およ享日きょうじつ園韓神えんかんじんならび春日かすが大原野おおはらのとうまつりの前日にあり、及び祭日と相當そうとうすれば、三せい及びうさぎを用ゐるをめ、かわるにうおもってす」とある ◯享日 諸物しょぶつかみに捧げる日 ◯牲の代物 犠牲の代用物 ◯乾魚 うお乾物ひもの ◯果子 菓子と同じ。間⻝かんしょくに適する一切の⻝料しょくりょう總稱そうしょう ◯猥りに人意に任す 勝手に人々の意見で左右する。

【大意謹述】大學式だいがくしきには、し犠牲を捧げる日が、各種の祭日の前日、又はその當日とうじつがっしたならば、大鹿おおじか小鹿こじかいのこの三犠牲及びうさぎを用ひることをめて、新鮮な魚類ぎょるいを代用すべきことを記してある。しかるに現在六衞府え ふからたてまつ代物だいぶつには、うお乾物ひものあるいは菓子類などがあり、それが一定しないで、勝手ににんあたる人々が決定する。これは大學式だいがくしきにそむくのもはなはだしいから、今後は六衞府え ふに命じ、新鮮なふなあるいまいらせなければならない。