41-2 六衞府送るところの釋奠の祭牲を定むるの勅 光孝天皇(第五十八代)

衞府え ふおくるところの釋奠せきてん祭牲さいせいさだむるのみことのり(第二段)(仁和元年十一月 三代實錄)

(其の一)鮮牲を送進すべき事

式云、三牲各加五藏。六衞府別各一頭供之。今案延曆格、所以令全體供者、以取其新合其禮法也。而式文曰、各加五藏。卽解體可知。雖全體解體前後各異、而至于潔淸新鮮、是古今不易之法也。而今諸衞牲腐臭尤甚、棄而不用、可匪常祀、忍而供之、恐乖禮制。祭祀之正道、鮮潔爲先。宜嚴下新制、令合禮法。

【謹譯】しきふ、三せいおのおのぞうくわふと。六衞府え ふべつおのおのとうこれきょうす。いま延曆格えんりゃくきゃくあんずるに、全體ぜんたいきょうせしむる所以ゆえんは、もっあらた禮法れいほうがっするをればなり。しか式文しきぶんいわく、おのおのぞうくわふと。すなわ解體かいたいすることるべし。全體ぜんたい解體かいたい前後ぜんごおのおのことなるといえども、しか潔淸けっせい新鮮しんせんなるにいたりては、古今ここん不易ふえきほうなり。しかしていま諸衞しょえいいけにえ腐臭ふしゅうもっとはなはだしく、ててもちひずんば、常祀じょうしにあらざるべく、しのんでこれきょうすれば、おそらくは禮制れいせいそむかん。祭祀さいし正道せいどうは、鮮潔せんけつさきとなす。よろしくおごそかに新制しんせいくだし、禮法れいほうがっせしむべし。

【字句謹解】◯式に云ふ しきとは大學式だいがくしきのこと。それには、「三せいとは大鹿たいろく小鹿しょうろくにして各々五ぞうくわふ」とある。これはぎゅうようを使用した支那し なの例の模倣であり、五ぞうとはかんしんはいじんのことをいふ ◯六衞府 衞府え ふとは宮中の各所を警衞けいえいする役所のことで、その沿革は〔註一〕參照 ◯古今不易の法 時の古今を通じて變化へんかしない規定 ◯腐臭 物の腐敗したいやなにおいのこと ◯常祀 每年まいとしきまつて行ふ祭祀さいし ◯忍んで 我慢して。

〔註一〕六衞府 その起源は、大伴おおとも佐伯さえき兩氏りょうしである。天忍日命あめのおしひのみこと天孫てんそん御供おともして日向ひゅうがくだり、神武じんむ天皇の時、道臣命みちのおみのみことが平定にこうがあつたので、宮門きゅうもん護衞ごえいした事にある。そののち雄略ゆうりゃく天皇の時に大連おおむらじ大伴室屋おおとものむろや靱負部ゆげいべたまわつて、宮中をまもらしめ、それが大伴おおとも佐伯さえきの二氏に分かれ、文武もんむ天皇大寶たいほう元年に左右兵衞さうのひょうえ左右衞士さうのえじ及び衞門えもんの五を定め、聖武しょうむ天皇神龜しんき五年八月に中衞ちゅうえを置いて五と合せて六衞府え ふごうした。更にそののち天平寶字てんぴょうほうじ三年十二月に授刀衞じゅとうえを置き、これを稱德しょうとく天皇天平神護てんぴょうじんご元年二月に近衞府このえふと改め、別に外衞府がいえふを置いて都合八としたが、光仁こうにん天皇寶龜ほうき三年二月に外衞府がいえふめ、平城へいじょう天皇大同だいどう二年四月に近衞このえ中衞ちゅうえ左近衞さこんえ右近衞うこんえ改稱かいしょうし、三年七月に衞門府えもんふはいして六になり、嵯峨さ が天皇弘仁こうにん二年十一月に左右さ う衞士府え じ ふ左右さ う衞門府えもんふと改め、六衞府え ふしょう武家時代までつづいた。

【大意謹述】大學式だいがくしきには大鹿おおじか小鹿こじかいのこの三種の犠牲の各自に五ぞうを加へるよしが記してある。宮門きゅうもんを守る六衞府え ふの各々が一頭づつたてまつらなければならない。延曆えんりゃく時代のきゃく解體かいたいしないままでまいらせた理由は、むしけがれたものの解體かいたいしたのよりも、新鮮なものの解體かいたいしないのをつたので、正しい禮法れいほうがっせしめるため、新たに規定したのである。これが一時の方便であつたことは、大學式だいがくしきに各々五ぞうをも加へると記してあるのでも判明しよう。大學式だいがくしきしたがへば、解體かいたいしたものをたてまつつたに相違ない。延曆格えんりゃくきゃくには解體かいたいしないものを命じ、大學式だいがくしきにはした物と命じてあるてん、一見兩者りょうしゃが矛盾してゐるやうにも思はれるが、その根本精神せいしんであるけがれのない、新鮮なものを必要とすることは同じであり、これこそ祭禮さいれいくべからざる古今を通じての規定である。

 しかるに現在六衞府え ふからたてまつ犠牲も のは、ひどく腐敗してゐて、臭氣しゅうきが鼻をつくのである。だからといつてて去つて用ひなければ、每年まいとし祭禮さいれいことく、我慢してたてまつれば、昔から定められてゐる規則にそむくこととならう。かみを祭る正しい道は、何よりもきよく新しくけがれないものを以てしなければいけない。ゆえにここに嚴重げんじゅうな新制度を作つて、正しい禮法れいほうあわせしめることが必要である。

【備考】支那人しなじん潔淸けっせい觀念かんねんに乏しく、不潔なことには平氣へいきだ。勿論もちろんそれは、孔子こうしおしへからたのではない。一種の國民性であらう。日本國民は、古代から淸潔せいけつずきで、けがれを最も嫌つた。一切の罪穢ざいえは、これをはらきよめねばならぬといふのが、日本國民性の一特徵とくちょうで、古代の文獻ぶんけんには、それが度々出てゐる。したがつて、祭事さいじすにあたつては、更にかみうやまふ心が加はつてくるのだから、一段の淸潔せいけつ・新鮮な供物くもつたてまつらうとする。朝廷におかせられても、率先、かうした意味を一般に印象づけるため、この勅語ちょくご渙發かんぱつを見たものと思ふ。