読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15 僧尼の濫吹を停むるの詔 元正天皇(第四十四代)

僧尼そうに濫吹らんすいとどむるのみことのり(養老四年八月 續日本紀

治部省奏。授公驗僧尼、多有濫吹。唯成學業者一十五人、宜授公驗。自餘停之。

【謹譯】治部省じぶしょうもうす。公驗こうけんさずけし僧尼そうにおお濫吹らんすいあり。學業がくぎょうもの一十五にんよろしく公驗こうけんさずくべくし。自餘じ よこれとどむ。

【字句謹解】◯治部省 朝廷の役所の一、その職掌しょくしょうは、五以上の婚姻・繼嗣けいし祥瑞しょうずい喪葬そうそう陵墓りょうぼ聲樂せいがく僧尼そうに・外國人・姓氏せいしかんする爭訟そうしょう判斷はんだんした ◯公驗 度牒どちょうに同じ。昔時せきじ僧尼そうにとならうとするものにかみからあたへた許可しょう受戒じゅかいの日に之を授け、死亡・還俗かんぞくの時は之を返納する ◯濫吹 實力じつりょくがなくてその地位に居ること ◯學業を成す者 そうとしての學業がくぎょうを完成した者の意。

〔注意〕天皇を初めたてまつり國の上下が佛敎ぶっきょうを信仰した當時とうじに於いては、僧尼そうにすうすこぶる多く、當然とうぜんそれから生ずる弊害へいがいも少くはなかつた。それが玄昉げんぼう道鏡どうきょうの時代に至つて極端に達したが、詔勅しょうちょく上からそれ以前にすでに三方面にあらはれる。

 その一は本詔ほんしょうに見えるやうに、實力じつりょくなくして特權とっけん享樂きょうらくするもの、その二は、異敎いきょう續出ぞくしゅつである。

(一)僧尼そうに妄行もうこうを禁ずるのみことのり元正天皇養老元年四月、續日本紀)(二)僧尼そうにみだり別音べついんすをとどむるのみことのり元正天皇養老四年十二月、續日本紀

はいする如く、僧令そうれい違犯いはんを行ふ者の出現であり、その三は

(三)異端いたん妖術ようじゅつを禁ずるのみことのり聖武天皇天平元年四月、續日本紀

である。

勿論もちろん本編で時折ときおり謹述きんじゅつする名僧めいそうも出たが、いずれかといへば品行上、弊害へいがいの方が多かつたやうに思はれる。

【大意謹述】朝廷から許可をあたへられた僧尼そうにの多くがそれにふさはしい實力じつりょくなく、心の緊張を失つたと治部省じぶしょうから申しでがあつた。ゆえそうとしての學問がくもんを完成した十五人だけには、ただちに度牒どちょうを授け。その他の者は之を停止するやうにしたい。

【備考】大乘だいじょう佛敎ぶっきょうの內容は、立派なものであるが、ただ小乘しょうじょう佛敎ぶっきょうになると、大衆相手に、思想上においても、おのづから、末梢的まっしょうてきに流れた缺點けってんがある。あまりに應機おうき說法せっぽうとらはれたのだ。しか當時とうじ僧尼そうには、小乘敎しょうじょうきょうすらも、十分研究せず。ただ祈禱きとう射利しゃり享樂きょうらくのみに傾き、自己反省を忘れた結果、いろいろの弊害へいがいを生じ、ひいて佛敎ぶっきょうそのものをも疑はしめるに至つた。罪はしゅとして、當時とうじ僧侶そうりょ不謹愼ふきんしん不誠實ふせいじつにある。