読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10 諸寺官治たるべからざるの詔 天武天皇(第四十代)

諸寺しょじ官治かんちたるべからざるのみことのり(九年三月 日本書紀

凡諸寺者、自今以後、除爲國大寺二三以外、官司莫治。唯其有⻝封者、先後限三十年、若數年滿三十則除。且以爲、飛鳥寺不可關于司治。然元爲大寺、而官司恒治。復嘗有功、是以猶入官治之例。

【謹譯】およ諸寺しょじは、自今じこん以後い ごくに大寺だいじたるもの二三をのぞ以外いがいは、官司かんしおさむることなかれ。⻝封じきふあらむものは、先後せんご三十ねんかぎり、としかぞへて三十に滿たばすなわのぞけ。以爲お もふに、飛鳥寺あすかのてら司治つかさのちあずかるべからず。しかれどももとより大寺だいじとして、官司かんしつねおさめき、かつこうあり、ここもっ官治かんちれいれよ。

【字句謹解】◯國の大寺 一こくすべてから大規模な寺院として認められてゐるもの ◯官司治むること莫れ 官司かんしは朝廷の役人の意、ここでは朝廷で多くの寺院の負擔ふたんをいとひ、寺院の經濟けいざい國庫こっかから區別くべつさせられたのである ◯⻝封 親王しんのう以下諸臣しょしん位階いかい官職かんしょく勳功くんこうおうじてたま民戸みんこで、ここではそれが寺院にぞくするものを指したと見られる。寺院經濟けいざいおのおの獨立どくりつさせるために、⻝封じきふを三十年と限られたのである ◯嘗て功あり これは弘文こうぶん天皇天武てんむ天皇との御衝突ごしょうとつの祭、天武てんむ側に立つて働いたことがあるのを指したもの。

【大意謹述】各國に散在する寺院は、今後我が國の大寺だいじとして誰もが認める二三を除いたほかは、朝廷の役人に管理させないことにする。ただしその內部に民戸みんこを所有してゐる者は、たまはつた時から三十年間を有效ゆうこう期限として計算して三十年となつた時から、その效果こうかはないものと定める。更に考へるのに、飛鳥寺あすかのてらは朝廷の役人が管理する範圍はんいには入らないやうであるが、今まで大寺だいじとして治めてゐたこともあり、その上かつ官軍かんぐんに味方した功勞こうろうもあるので、この際、依然いぜんとして、特に役人が治める方の例に入れてよからう。

【備考】思ふに、天武てんむ天皇は、政治改革に伴ひ、經濟けいざい上の整理にも心を注がれた結果、ここ諸寺しょじ官治かんちをやめることとされたのであらう。官治かんちとなれば、寺に附屬ふぞくする費用一切を政府で負擔ふたんしなければならない。ところが、推古すいこ天皇の時、有力な寺院がもう四十六ヶのぼつてゐたとあるから、この方面の經濟けいざい支持は、却々なかなか困難だつた。左樣そ うした事情のもとに、諸寺しょじ官治かんちをやめられたものと拜察はいさつする。