読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

68-2 陸海軍軍人ヘノ勅語 今上天皇(第百二十四代)

大日本詔勅謹解3 軍事外交篇

陸海軍りくかいぐん軍人ぐんじんヘノ勅語ちょくご(第二段)(昭和元年十二月二十八日 官報

【謹譯】ちん先朝せんちょう慈育じいく愛撫あいぶたまヘル軍隊ぐんたいおもヒ、せつ汝等なんじら軍人ぐんじん忠誠ちゅうせい勇武ゆうぶ信倚しんいシ、列聖れっせい遺業いぎょう紹述しょうじゅつシ、倍々ますます國威こくい顯揚けんようシ、億兆おくちょう慶福けいふく增進ぞうしんセムコトヲこいねがフ。

【字句謹解】◯先朝 先代の天皇、主として明治天皇大正天皇を指したてまつる ◯慈育 慈愛じあいを以て育て上げる ◯愛撫 この上もなく愛して育てること ◯信倚 信賴しんらいと同じ ◯列聖 御代み よみよ天皇 ◯遺業 のちの世にのこされた仕事 ◯紹述 受けいで發展はってんさせること ◯顯揚 あきらかに大きくあげる ◯億兆 國民一般を指す ◯慶福 よろこびと幸福こうふく

【大意謹述】ちんは先代の天皇がこの上なき慈愛じあいを以て育て上げられた我が軍隊を今、同じ氣持きもちで考へてゐる。汝等なんじら軍人の忠義ちゅうぎに厚く誠心せいしんがあつてしかも勇敢な性質に御信賴ごしんらいあつた代々よ よ天皇のこされた御事業ごじぎょうを今、朕は受けいで發展はってんさせたい。かくして益々ますます我國わがくに威嚴いげんを高め、國民一般のよろこびと幸福こうふくとをし進めんことをこいねがふのである。

【備考】日本軍隊の特色は、ゆうにして情誼じょうぎみ、規律正しくして、餘裕よゆうそんするところにあるが、こと中正ちゅうせい公明こうめいの日本精神せいしんに起ち、國家奉仕の意氣い き・情熱に燃えてゐるてんで、世界に類例るいれいなき獨得どくとくの地位を占めてゐる。ただ强いとか、勇ましいとか、規律が正しいとか、機敏だとかいふことは、の軍隊においても見られるけれども、中正ちゅうせい公明こうめいの日本精神せいしんに見られない。これを有するのは日本軍隊のみだ。また情誼じょうぎあつうしてやさがあり、しかも一たん、國家の大事に臨むと、りんとして緊張し、一報國ほうこく邁進まいしんするのもまた日本軍隊のみが持つ特色だ。歷代れきだい大元帥だいげんすい陛下が、これを信賴しんらいせられ、優渥ゆうあく御言葉おんことばたまわることは、軍隊の美しい誇りであらう。