読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

52-4 遼東還附ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

大日本詔勅謹解3 軍事外交篇

遼東りょうとう還附かんぷ詔勅しょうちょく(第四段)(明治二十八年五月十日 官報

【謹譯】いま講和こうわ條約じょうやくすで批准ひじゅん交換こうかんりょうシ、兩國りょうこく和親わしんきゅうふくシ、局外きょくがい列國れっこくまたここ交誼こうぎあつきくわフ。百りょう臣庶しんしょちんたいシ、ふか時勢じせい大局たいきょくつつしぜんいましメ、邦家ほうか大計たいけいあやまルコトキヲセヨ。

【字句謹解】◯批准交換ヲ了シ おのおの主權者しゅけんしゃの承認署名を得た國書こくしょ當事者とうじしゃ相互の國で交換すること。講和條約の最後の手續てつづきが完了した意味である。〔註一〕參照 ◯局外ノ列國 第三者として局外きょくがい中立ちゅうりつを宣言し、あるいはその意のあつた國々 ◯交誼ノ厚ヲ加フ 今まで以上に友情の厚さを加へる ◯微ヲ愼ミ 小事しょうじゆるがせにしないでつつしむ ◯漸ヲ戒メ 一歩づつ進むやうにいましめる ◯邦家ノ大計 國家としての根本の目的、すなわ國運こくうん發展はってんを意味する。

〔註一〕批准交換ヲ了シ 日本は日淸にっしん講和こうわ批准書ひじゅんしょ交換の前に三ごく干渉かんしょうたいする我が根本態度を決定しなければならない立場に在つた。干渉かんしょうに接した我が國は、當然とうぜん、(一)最惡さいあくの場合の豫想よそうもと斷然だんぜんごく勸告かんこく拒絕きょぜつするか、(二)列國れっこく會議かいぎ招請しょうせいして、この難問を處理しょりするか、(三)勸告かんこくしたがひ、半島を淸國しんこく還附かんぷするかの三案中、いずれかを決定しなくてはならず、伊藤總理そうり御前ごぜん會議かいぎの席上でそれを說明せつめいした。しかし第一策は我が軍の疲勞ひろう殘念ざんねんながら三ごくはおろか、當時とうじヨオロツパ第一を誇るロシヤ一國の陸海軍すらも相手に出來ずと考へられ、結局第二策に一時決定し(第三策は問題外)外相たる陸奥む つの意見を求めた。陸奥は最初第一策を主張し、その後、外交上問題を有利にてんじようとしたが、みな反對はんたいされ、更に第二策に就いては絕對ぜったい反對はんたいの立場を固守こしゅした。その理由は列國れっこく會議かいぎそのものの成立が困難なこと、し成立したとしても講和こうわ條約じょうやく批准ひじゅんの交換が手間取り、長く和戰わせん未定のてい兩國りょうこくを置くこと、又それでなくとも各國が自國の利益りえきを主張して、わが日本を輕視けいしし、問題は遼東りょうとう半島はんとうだけにとどまらず、馬關ばかん條約じょうやく全部の破壞はかいにまで擴大かくだいする恐れがあることなどで、これには總理そうりその他も陸奥の主張に賛成し、遂に最初は問題にもしなかつた第三策に決し、聖上せいじょう御裁可ごさいかるに至つたのである。ただし第三策に決するまで、日本は出來る限りの手段で干渉國かんしょうこく以外の强國きょうこくの意をさぐつたところ、イギリスは日本に好意を持たず、アメリカはげんに中立を守り、イタリイのみやや好感を示したのであつた。

〔註二〕邦家ノ大計 三ごく干渉かんしょうに就て我が輿論よろんが沸騰したことは言ふまでもない。當時とうじその主謀國しゅぼうこくがロシヤだと一般に知れてゐたので、「ロシヤ打つべし」のこえ猛然もうぜんとして各地にあがつた。天皇は、このてん大御心おおみこころなやませられ、「つつしぜんいましメ、邦家ほうか大計たいけいあやまルコトキヲセヨ」とおおせられたので、我が國民の臥薪嘗膽がしんしょうたん時代はここに始まつたのである。

【大意謹述】今や講和こうわ條約じょうやくはもう雙方そうほうの署名書の交換を終り、最後の手續てつづきが完了した。日淸にっしん兩國りょうこくむつまじさは戰前せんぜんふくし、局外きょくがいに在つて中立の態度を保つてゐた列國れっこくとも、親善を加へてゆき、一層の友情を以て之と交際出來るのである。一般の官民かんみんは共にちんが意をよく了解し、深くまなこ時勢じせい大局たいきょくに注いで、小事しょうじに騒ぐことなく一歩々々國運こくうん發展はってんさせ、我が國家の根本方針を誤らないやうにしなければならない。

【備考】ここに一げんして置かねばならぬのはイギリスが三ごく干渉かんしょうに加はらなかつた一である。最初イギリスは支那し なに同情し、日本が朝鮮に出兵したとき、列國を誘うてその撤退を勸告かんこくし、あるい威海衞いかいえいで、支那し なを助けた形跡けいせきさへあつた。ところが、それにたいして一こう、報いられぬので、ようやく心機一てんし、日本の優勢なるにくみするやうになつた。それは、平生へいぜい、ロシヤの南下策に反對はんたいし、支那し な方面に相當そうとう利害の關係かんけいがあるところから、日本と結ぶの利益りえきを知つたからだつた。したがつて、ロシヤの尻馬しりうまにはらず、ひとり、別な道を歩いたのである。

 思ふに三ごく干渉かんしょう容認するとしても、その前に一おう支那し なに向ひ、「爾後じ ご遼東りょうとう半島はんとうのどの方面をも、ある一國に割讓かつじょうしたり、租借そしゃくせしめたりしないやう、約束せしめたらよたつたらう」とせつもある。けれども支那し なは、無論ロシヤと默約もくやくがあつた以上、これを受け入れまい。したがつて三ごく干渉かんしょうは、當時とうじ如何い かにしても、まぬががたい外交上の一災難だつた。