読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

52-2 遼東還附ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

大日本詔勅謹解3 軍事外交篇

遼東りょうとう還附かんぷ詔勅しょうちょく(第二段)(明治二十八年五月十日 官報

【謹譯】おもフニちんつね平和へいわ眷々けんけんタルヲもっテシテ、つい淸國しんこくへいまじフルニいたリシモノ、まこと東洋とうよう平和へいわヲシテ永遠えいえん鞏固きょうこナラシメムトスルノ目的もくてきほかナラス。しかシテ三ごく政府せいふ友誼ゆうぎもっ切偲せっしスルところまたここそんス。ちん平和へいわためはかル、もとヨリこれルルニやぶさかナラサルノミナラス、さら事端じたん時局じきょくけわしくシ、治平ちへい囘復かいふく遲滯ちたいセシメ、もっ民生みんせい疾苦しっくかもシ、國運こくうん伸長しんちょうはばムハ、しんちんあらス。

【字句謹解】◯平和ニ眷々タル 厚く平和を願ふ。眷々けんけんは深く望み願ふこと ◯兵ヲ交フル 交戰こうせんする意 ◯鞏固 强くたしかにする ◯友誼 友情の意、國際間に於ける國と國との友情 ◯切偲 ぜんをすすめる意。この語は『論語ろんご子路し ろへんに『子路し ろ問うていわく、如何い かなるをこれふべき。いわく、切切せつせつ偲偲し し怡怡い いじょたるを、ふべし。朋友ほうゆうには切切せつせつ偲偲し したり、兄弟けいていには怡怡い いじょたり」とあるのに由來ゆらいする ◯之ヲ容ルルニ吝ナラス これは三ごく勸告かんこくを指す。三ごく勸告かんこくを受けれるのに決して狭量きょうりょうではない。つまりひろ量見りょうけんでそれを喜んで受けれる意 ◯事端ヲ滋シ 外交にかんしての手數てすうす。當時とうじごくの態度は相當そうとう强いものがあつたので、これ以下の大御言おおみことばがあつた ◯時局ヲ艱シ 外交上、時局を多難にする ◯遲滯 おくれ長びかせる ◯民生 民の生活 ◯疾苦ヲ釀シ 疾苦しっくは苦しむ、かもすは作り出す ◯沮ム 妨害する。

【大意謹述】かえりみれば、ちん卽位そくい以來、常に平和をねんとしつつも、むなく、淸國しんこく交戰こうせんするに至つたのは、東洋全體ぜんたいの平和を永久に保ち固めようとした目的以外に何もなかつた。そしてロシヤ・フランス・ドイツ三ごく政府が今囘こんかい國際間の友情から我が政府に遼東りょうとう半島はんとう還附かんぷ勸告かんこくしてた目的もまた、全東洋の平和を重んずる考へから出たものと思ふ。すでに平和が目的で、このきょが行はれた以上、朕は勿論もちろん、それを拒絕きょぜつする程、狭量きょうりょうではないのみならず、この上、三ごくことあらそひ、外交にかんしての手數てすうし、時局を多難たなんならしめて、平和の招來しょうらい延引えんいんするのはもとより望むところでない。それからいて民衆生活の勞苦ろうくを重くし、我が國家の發展はってんおさへることは、決して朕の眞意しんいでない。

【備考】日本が始終しじゅう、平和を愛好する精神せいしんを以て、國際こくさい政局せいきょく善處ぜんしょせることは、明治初年以來の傾向で、この方針は、いつもかわらない。ここ明治天皇おおせられた御言葉おことばにも、東洋全體ぜんたいの平和をおびやかす敵を除いては、何處ど こまでも平和の精神せいしんを以て、おだやかにこと處理しょりする旨をあきらかにせられてゐる。つ時局のもつれが、國民生活の安全をかきみださぬやう、御心みこころろうせられ、どくふつごくたい寬裕かんゆう雅量がりょうを以て、臨まれたおもむきも、勅書ちょくしょの中にはいせらるるのである。