読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

47-8 淸國ニ對スル宣戰ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

淸國しんこくたいスル宣戰せんせん詔勅しょうちょく(第八段)(明治二十七年八月二日 官報

【謹譯】ことすでここいたル。ちん平和へいわあい終始しゅうしシテもっ帝國ていこく光榮こうえい中外ちゅうがい宣揚せんようスルニもっぱらナリトいえどモ、またおおやけたたかいせんセサルヲサルナリ。なんじ有衆ゆうしゅう忠實ちゅうじつ勇武ゆうぶ倚賴いらいシ、すみやか平和へいわ永遠えいえん克復こくふくシ、もっ帝國ていこく光榮こうえいまったセムコトヲス。

【字句謹解】◯事旣ニ茲ニ至ル 事態はもう絕對ぜったいに平和手段では解決がつかなくなつた意 ◯相終始シ 最初から最後まで、常に平和と行動を共にする ◯中外ニ宣揚スル 海の內外に向つてひろく知らせる ◯專ナリ せん一にこころざす ◯公ニ 國主こくしゅとして公明に之を各方面に知らせる ◯倚賴 依賴いらいと同じ、たよること ◯克復 再び前の狀態じょうたいにもどす。こくは打ち勝つ。ふくは再度同じ狀態じょうたいをくりかへすこと、相手を打ち負かして平和をきたす意味 ◯期ス 希望する。

【大意謹述】事態はくところまで行つて、すでに武力にらなければ絕對ぜったいに解決不可能となつてしまつた。ちん卽位そくい以來、常に平和主義に起ち、その間に日本帝國の光輝こうきを諸外國に發揚はつようすることにつとめて來た。が、ことここに至つては公然宣戰せんせんしないわけにゆかない。朕は汝等なんじら國民の忠誠ちゅうせい勇武ゆうぶとに信賴しんらいし、少しも早く正義の盾の威力を示す事により永久の平和を囘復かいふくして、我が帝國の光輝こうきを完全に發揮はっきせんことを切望する。

【備考】當時とうじ、朝鮮は、日本の優勢を見て、表面、一種の攻守こうしゅ同盟を日本と結んだが、蔭に支那し な歡心かんしんを求め、場合により、日本に裏切らうとしてゐた。歐米おうべい大勢たいせいも、淸國しんこくに味方する方が多かつた。ところが、平壤へいじょう陷落かんらく黄海こうかい大勝たいしょうが報ぜられると、朝鮮も次第に屈服し、つ世界の耳目じもく聳動しょうどうせしめた。歐米おうべいは、はじめて、日本の實力じつりょくあなどがたいことを知つたのである。それで、フランスの一新聞は、「今や日本は、淸國しんこくたいして偉大な勝利を得たが、世界に向つて、更に一層大きい勝利を得た。日本は今後、獨立どくりつ不羈ふ きの立場にあつて、そのさんとすることをすことが出來る」と賞揚しょうようし、イギリスの一新聞は、「我等は今後、日本を東方に於ける一大活力として重んじ、共同の利害關係かんけい助長じょちょうすることにつとめねばならない」と論じた。正義は、當然とうぜん、勝つ。正義の日本は、ここに輝かしい姿をはつきり、世界に示し得た。

 これより先、宣戰せんせん詔勅しょうちょく發布はっぷされると、日本人の愛國心は、極度に沸騰し、きをあらそつて、軍事公債こうさいの募集におうじたものが非常に多い。また恤兵部じゅっぺいぶへ集つた義捐ぎえんの金品は、毎日つづいて、きないといふ有樣ありさまだつた。更に靑年せいねん壯年そうねんの人々は、蹶起けっきして、義勇兵ぎゆうへいたらんことを志願し、到るところ、祖國愛が横溢おういつしたのである。