47-7 淸國ニ對スル宣戰ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

淸國しんこくたいスル宣戰せんせん詔勅しょうちょく(第七段)(明治二十七年八月二日 官報

【謹譯】すなわ淸國しんこく計畫けいかくタル、あきらか朝鮮國ちょうせんこく治安ちあんせきヲシテスルところアラサラシメ、帝國ていこく率先そっせんシテこれしょ獨立國どくりつこくれつセシメタル朝鮮ちょうせん地位ち いハ、これ表示ひょうじスルノ條約じょうやくともこれ蒙晦もうかいシ、もっ帝國ていこく權利けんり利益りえき損傷そんしょうシ、もっ東洋とうよう平和へいわヲシテなが擔保たんぽナカラシムルニそんスルヤうたがフヘカラス。熟々つらつらところついふか謀計ぼうけいそんスルところはかルニ、じつはじメヨリ平和へいわ犠牲ぎせいトシテ、非望ひぼうケムトスルモノトハサルヘカラス。

【字句謹解】◯計畫 今後行はうとする目算もくさん ◯朝鮮國治安ノ責 朝鮮國の安寧あんねい秩序ちつじょ保證ほしょうする責任者 ◯歸スル所アラサラシ その責任者が日本であることをおおいに嫌つて不明瞭ふめいりょうにさせる意 ◯率先 に先んじて事を行ふ意 ◯列ニ伍セシメ 列にならばせる、同地位に置く意 ◯之ヲ表示スルノ條約 明治十五年の濟物浦さいもっぷ條約じょうやく及び十八年の天津てんしん條約じょうやくを指す ◯蒙晦ニ付シ もう曖昧あいまいかい眞暗まっくらの事、曖昧あいまいのうちに誰も見えない場所に追ひやる義で、條件じょうけんを破棄すること ◯損傷 損害をあたへる、そんは「利益りえき」にかかり、しょうは「權利けんり」にかかる ◯永ク擔保ナカラシムル 擔保たんぽ保證ほしょうすること、永久に東洋全體ぜんたいの平和を保證ほしょうする決心がない意 ◯揣ル しはかつて見るのに ◯平和ヲ犠牲トシテ 犠牲とはかみに供へるために生ある動物をたてまつること、ここでは野心を滿たすために、平和などをかえりみない意 ◯非望ヲ遂ケム 非望ひぼうは望むべからざる大野心だいやしんのことで、朝鮮を自己の屬國ぞっこくとし、日本の勢力を一そうする意味。

【大意謹述】如上にょじょう淸國しんこく暴狀ぼうじょうは明らかにその野心を示すものである。かれは日本が朝鮮國をして安寧あんねい秩序ちつじょを保たしめようと力をつくす事を嫌ひ、我が日本が誰も行はない以前にみずから進んで朝鮮を世界獨立國どくりつこくの列に加はらしめ、ここにその體面たいめんまっとうするやうにした事にたいし、妨害を加へた。すなわち以上の事を明白に書きあらはした條約じょうやくの文面を無視して、之を曖昧あいまいの間に葬り去り、それにつて我國の朝鮮に於ける權利けんりきずつけ、利益りえきを損じ、東洋平和の保證ほしょうを永久に失はしめんとしてゐる。かうした淸國しんこくの目的・野心のそんすることが、明白となつた以上、ちんは之を默過もっかない。現在、淸國しんこくの行動から背後にかくされてゐる目的を想像すると、淸國しんこくは最初から東洋全體ぜんたいの平和などは眼中になく、ただただ望むべからざる野心を武力につて仕遂げようとする他に、何物もないとはざるを得ない。

【備考】勅書ちょくしょおおせられてゐる如く、淸國しんこくただ自己の野望を遂げるといふのほか、何らの考へをも持たない。東洋平和といふことは、の國において、まるで問題とせぬのである。自國の野心のみによつて、東洋平和を保つことの困難は、事實じじつがこれを明かにしてゐるにかかわらず、その迷夢めいむから容易にめようとしない。一つは、當時とうじ歐米おうべい淸國しんこくの領土のだいを見て、最後のかち淸國しんこくにあることを信じ、いろいろこれにびたり、煽動せんどうしたりしたものもあつたからであらう。すなわち自國の實力じつりょくの乏しい事についてはつきり認識せず、日本の實力じつりょくの優秀について、ことにその大和魂やまとだましいの威力について、正確な認識をいてゐたことが淸國しんこくをして自大じだい主義とならしめたと思ふ。しかも今日の支那し なとても、どの位、覺醒かくせいしてゐるか、大なる疑問である。どうしても、歐米おうべい煽動せんどうらないで心から日本と協調せぬ限り、支那し な幸福こうふくきたらない。