47-6 淸國ニ對スル宣戰ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

淸國しんこくたいスル宣戰せんせん詔勅しょうちょく(第六段)(明治二十七年八月二日 官報

【謹譯】帝國ていこくここイテ朝鮮ちょうせんすすムルニ、粃政ひせい釐革りかくシ、うち治安ちあんもといかたクシ、そと獨立國どくりつこく權義けんぎまったセムコトヲもっテシタルニ、朝鮮ちょうせんすでこれ肯諾こうだくシタルモ、淸國しんこく終始しゅうしかげテ百ぽう目的もくてき妨碍ぼうがいシ、あまつさ左右さゆうたく時機じ きゆるやかニシ、もっ水陸すいりく兵備へいびととのヘ、一たんルヲクルヤ、ただち欲望よくぼうたっセムトシ、さら大兵たいへい韓土かんどはっシ、かん韓海かんかい要撃ようげきシ、ほとん亡狀ぼうじょうきわメタリ。

【字句謹解】◯粃政 は名があつて內實ないじつのないもののしょう惡政あくせいの意 ◯釐革 弊害へいがいを改革する、〔註一〕參照 ◯治安ノ基ヲ堅クシ 國內が治まり、人民が平和に暮す基礎を鞏固きょうこにする ◯權義 權威けんいのこと ◯肯諾 承知し約束する ◯終始 最初から終りに至るまでの意 ◯陰ニ居テ 表面に出ないで裏面りめんから策動さくどうすること ◯百方其ノ目的ヲ妨碍シ 百ぽうはあらゆる手段を採用して狂奔きょうほんすること、妨碍ぼうがいがい俗字ぞくじで、共に邪魔をする意、出來る限りの手段で東洋全局の平和に忠實ちゅうじつな、日本の勢力が伸びることを邪魔する ◯剩ヘ それのみかの意 ◯辭ヲ左右ニ託シ 言辭げんじ明瞭めいりょうにしないこと ◯時機ヲ緩ニシ 衝突の機會きかいを長引かせる ◯其ノ力 兵隊の力 ◯其ノ欲望 淸國しんこくの野心 ◯韓土 朝鮮のこと ◯韓海ニ要撃シ 朝鮮附近ふきんの海上に襲擊しゅうげきする。これが七月二十五日の豐島沖ほうとうおき海戰かいせんで、事實上じじつじょう日淸にっしん戰役せんえきの第一幕はこの時に開かれた。〔註二〕參照 ◯殆ト亡狀ヲ極メタリ 言ひやうもない程の亂暴らんぼうつくした。〔註二〕で述べるやうに淸國しんこく軍艦濟遠さいえんが理由なくわれに向ひ砲火ほうかを開いたこと。

〔註一〕釐革 朝鮮問題について淸國しんこくとの外交上の交渉が絕交びぜっこう狀態じょうたいのままで一段落となると、我國は次に獨力どくりょくで朝鮮の內政を改革するため、朝鮮政府に左の提案をさうとした、その要領は、

(一)官司かんし職守しょくしゅを明らかにし、地方官吏かんり情弊じょうへい矯正きょうせいすること。(二)外國交渉の事宜じ ぎを重んじ、職守しょくしゅの人をえらぶこと。(三)裁判を公正にすること。(四)會計かいけい出納すいとう嚴正げんせいにすること。(五)兵制へいせいを改革し、警察の制度を設けること。(六)弊政へいせいを改革すること。(七)交通を便利にすること。

で、大鳥おおとり公使はこれを次の四じょうに縮めて朝鮮に示した。

(一)中央政府の制度及び地方制度を改正し、人材登用のみちを開くこと。(二)財政を整理し、富源ふげん開發かいはつすること。(三)法律を整理し、裁判法を改正すること。(四)敎育の制度を確定すること。

 本勅ほんちょくに「朝鮮ハすでニ之ヲ肯諾こうだくシ」とある如く、國王は、ただちにその提示にしたがひ、七月十六日には大體だいたい承認する旨を囘答かいとうした。しかも袁世凱えんせいがい及び李鴻章りこうしょうから脅喝きょうかつされると、十八日に至つて前言ぜんげんを取消したばかりでなく、日本の提示は內政ないせい干渉かんしょうきらひがあると抗辯こうべんして來た。かくして再び淸國しんこくわれ抗爭こうそうする事をしない以上、われとしても最後の決心を定め、ここに朝鮮に最後さいご通牒ちゅうちょうはっし、囘答かいとう期限日の夜半よなかに要領を得ない囘答かいとうに接した。しか我政府わがせいふの決意固く一旣定きてい方針のもとに進むこととなつた。大鳥おおとり公使は大院君たいいんくんえっした結果、國王は內政改革・閔族びんぞく處罰しょばつみことのりはっし、淸韓しんかん條約じょうやく廢棄はいきし、牙山ああさん淸兵しんぺいを一掃するために公使の援助を求めた。我國では七月二十八日に淸兵しんぺいを追ひはらつたが、じつにその三日以前に事實上じじつじょう戰端せんたんは開かれてゐたのである。

〔註二〕韓海ニ要撃シ 日淸間にっしんかんに暗雲が濃くなり、兩國りょうこく絕交ぜっこう狀態じょうたいにあつた明治二十七年七月二十五日、淸國しんこくの軍艦は豐島沖ほうとうおきを通過する我が軍艦に突如砲撃ほうげきを加へた。當時とうじこの衝突に加はつたのは我が秋津洲あきつしま吉野よしの浪速なにわの三艦で、淸國しんこく側は濟遠さいえん廣乙こういつ操江そうこうなどであつたが、一せんの結果、濟遠さいえんは敗走し、廣乙こういつ坐礁ざしょうし、操江そうこうは我國に捕獲され、運送船の高陞號こうしょうごう撃沈げきちんされて、戰鬪せんとうは完全に我が軍の勝利にした。

〔注意〕日淸にっしん戰爭せんそうの原因が、淸國しんこく横暴おうぼうにあることは言ふまでもない。朝鮮の改革のため、東洋の平和のために、正義のために敢然かんぜんと戰つた我國は、あたか神功じんごう皇后こうごう熊襲くまその背後に新羅しらぎがゐると知られて、その征伐せいばつをされたのと同じ關係かんけいにある。

【大意謹述】我が日本にほん帝國ていこくここに至つて、朝鮮にたいし、種々しゅじゅ惡政あくせいを改革し、うちは一國の政治狀態じょうたいと國民生活を安定するの基礎を堅くさせ、そとに於いては獨立國どくりつこくの持つ權威けんいを完全にたもたせ、國家としての體裁ていさいを整へるやう勸告かんこくした。朝鮮國王は日本の意のあるところを諒解りょうかいして我が勸告かんこくを快く受け入れたが、淸國しんこくは常に裏面りめんつてあらゆる手段で我が目的を邪魔するばかりでなく我國にたいしては曖昧あいまい言辭げんじろうして衝突の機會きかいばし、そのあいだに、海陸かいりくの軍備を十分に整へた。さて、その對日たいにち軍備が完成したとなると、一刻も早く軍隊の力で朝鮮に於ける野心を滿足まんぞくさせようとして、以前、朝鮮に駐在した軍に更に大兵たいへいを加へ、豐島沖ほうとうおきで我が軍艦に向ひ、理由もなく發砲はっぽうするなど、言語げんごぜっした行動が少くない。

【備考】當時とうじ淸國しんこく横暴おうぼうたいし、膺懲ようちょう巨彈きょだんを放つたのは、今日こんにち元帥げんすい東郷とうごう平八郞へいはちろうはくである。〔註一〕にある如く豐島沖ほうとうおきで、わが第一遊撃ゆうげき艦隊かんたいが、淸國しんこく軍艦、濟遠さいえん廣乙こういつ二艦に出あひ、將旗しょうきかかげて、平時へいじれいを示したところが、淸國しんこく側では、戰鬪せんとう開始を以てこれに答へた。むなく、日本側も之におうじ、一時間たたかつた末、濟遠さいえんを敗走せしめ、廣乙こういつ坐礁ざしょう操江そうこう降伏こうふくといふ有樣ありさまに至らせた。その途中、行手ゆくてあたり、イギリスの國旗こっきひるがえした一運送船を見た。それは高陞號こうしょうごうはれたのである。當時とうじ遊擊ゆうげき艦隊かんたい司令官、坪井つぼい海軍少將は、東郷とうごう浪速なにわ艦長かんちょうに向ひ同船の臨檢りんけんを命じた。その折、東郷は人見ひとみ大尉たいいを派遣し、船長カアルウオウシイにたいして、「日淸にっしん開戰かいせん今日こんにち、通行は許さぬ。我艦わがかんについてもらひたい」と命じたので、船長は、その意にしたがはうとした。よっ人見ひとみは一たん浪速艦なにわかんに引上げたが、高陞號こうしょうごう却々なかなかいかりをあげようとせず、「今一度來船らいせんして下さい」といふ信號しんごうをしたので、人見ひとみは再び出かけた。けだ支那し なへい千二百人、將官しょうかん二名がつてゐて、船長を威嚇いかくしてやまぬからである。結局、東郷も我慢しかね、たちまち「撃沈げきちんせい」と部下に命じた。無論むろん他日たじつ、イギリスからくる抗議を覺悟かくごし、その際は、全責任をふ決心だつたのである。かうして高陞號こうしょうごうしずかに海底に沈んでしまつた。その後、はたして、イギリスから抗議はしたが、日本のくちが正しいので、問題は解消した、それは宣戰せんせん詔勅しょうちょくに先立つこと、數日前すうじつぜんの出來事で、いかにも痛快つうかいである。