47-1 淸國ニ對スル宣戰ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

淸國しんこくたいスル宣戰せんせん詔勅しょうちょく(第一段)(明治二十七年八月二日 官報

【謹譯】天佑てんゆう保全ほぜんシ、萬世ばんせいけい皇祚こうそメル大日本だいにほん帝國ていこく皇帝こうていハ、忠實ちゅうじつ勇武ゆうぶナルなんじ有衆ゆうしゅうしめス。

【字句謹解】◯天佑ヲ保全 天神あまつかみのたすけを完全な姿で受ける意。てんとは日本の天神あまつかみのこと ◯皇祚ヲ踐メル 皇位こういのぼる ◯有衆 一般國民のこと ◯示ス 宣言する、告げ知らせる。

〔注意〕日淸にっしん戰爭せんそうたんに明治政府成立以來の大戰爭であるのみでなく、我が國有史ゆうし以來の一大戰役せんえきである。當時とうじ、日本は東洋平和を保全ほぜんすべく、はじめて正義の盾をふるひ、老大國ろうたいこく支那し なに打勝つて新銳しんえい意氣い きを全世界に示した。更にその直後所謂いわゆる遼東りょうとう還附かんぷ問題が起ると、國民は臥薪嘗膽がしんしょうたん苦味く みをなめたのである。本勅ほんちょく淸國しんこく干戈かんかまじへざるを得なくなつた事情を明白に示し、正義にむかひ得ない所以ゆえんを國民に知らしめられたもので、新興しんこう日本の燃える意氣い き沈著ちんちゃくな態度を言外げんがいに示し、我國が決して好んで平和をみだす者ではなく、むしろその反對はんたいに東洋平和の目的上、むをず起ち上つた委曲いきょくつくしてゐるものと拜察はいさつ出來る。

 たみのためこころのやすむときそなき

   九重ここのえうちにありても(御製)

なほ左の如き軍事關係かんけい勅語ちょくごもある。

(一)戰勝後せんしょうご臣民しんみんくだたまヘル詔勅しょうちょく(明治二十八年四月二十二日、官報)(二)遼東りょうとう還附かんぷ詔勅しょうちょく(明治二十八年五月十日、官報)(三)露國ろこくたいスル宣戰せんせん詔勅しょうちょく(明治三十七年二月十日、官報

などは並稱へいしょうすべき事を要する。

【大意謹述】古代の神々かみがみ御守護ごしゅごもとにあつて十分の幸福こうふくを受け、萬世ばんせいけい皇位こういいた、大日本帝國皇帝たるちんは、今、忠義ちゅうぎに厚い勇敢な汝等なんじら全國民に次のことを宣示せんじする。

【備考】日本は古來こらい、外國と戰爭せんそうしたことがないではなかつたが、それは、おおむね先方から攻擊こうげきされたのであつて、始終しじゅう受け身の形だつた。豐太閤ほうたいこうの朝鮮征伐がづ日本から進んで海外と交戰こうせんした最初の實例じつれいである。明治に入つて、征臺せいだいえきはあつたが、それは小規模で、相手は生蠻せいばんであり、日本軍隊は士族しぞくのみから成立つてゐた。したがつてすべてが新しく、規模が大きく、意義も深く、目的もまた立派なのは、日淸にっしん戰爭せんそうだとつてよい。それに、平民へいみんから成る軍隊を以て支那し なと戰つたこともまた、一つの新しい意味があり、國民の意氣い きごみまた非常だつたのは、當然とうぜんである。