読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

44-7 陸海軍軍人ニ下シ給ヘル勅諭 明治天皇(第百二十二代)

陸海軍りくかいぐん軍人ぐんじんくだたまヘル勅諭ちょくゆ(第七段)(明治十五年一月四日 法規分類大全)

【謹譯】ちんクモふか汝等なんじら軍人ぐんじんのぞムナレハ、訓諭くんゆスヘキことコソアレ。イテヤこれヘム。

【字句謹解】◯斯クモ深ク このやうに深くの意、は普通にまあと譯すやくが、勅語ちょくごの場合にはひてその必要はない ◯訓諭 おしへさとす ◯イテヤ さあこれからの意、事物じぶつを初める時の用語。

【大意謹述】以上述べた如く、ちん汝等なんじら軍人を信賴しんらいする程度は非常に深い。汝等なんじら信賴しんらいすればする程、朕はなほこれ以上に日常の精神せいしんに就ておしさとしたく思ふ事が少くない。以下それを述べる。