6 課役を除くの詔 仁德天皇(第十六代)

課役かえきのぞくのみことのり(四年三月 日本書紀

自今之後。至于三載。悉除課役。息百姓之苦。

【謹譯】いまよりのち、三さいいたるまで、ことごと課役かえきのぞき、百せいくるしみをのぞかしめよ。

【字句謹解】◯三載 さいさいに通ず、みとせ、三年 ◯課役 はみつぎもの。えき、國民を徵發ちょうはつして、公務に使用する意、すなわちぶやく。第四の字句謹解きんかい欄を參照せよ ◯百姓 おほみたから、もろもろのくにたみ。

【大意謹述】今後三年のあひだは、人民の一切の課役かえきを免じ、その苦しみをのぞいてやるやうにせよ。

【備考】卽位そくいの四年春三月二十一日、群臣ぐんしんして特にこのみことのりはっせらるるや、天皇には、まづおんみづから服御ふくぎょ常膳じょうぜんを減じたまひ、おんころも破るるも、あへてつくろはせ給はず、宮殿こぼち雨もれども修繕したまはざること、前後じつに三年に及び、つひに風雨ふううときしたがひ五こくゆたかにみのり、百せい富みさかえ、よろこびのこえちまたち、國民鼓腹こふくして天皇御恩德ごおんとくをたたへたてまつるに至つたが、この涙ぐましき君臣くんしん和樂わらくのさまを、日本書紀は次のやうに記してゐる。

 (上略)ここにおいて、黼衣ふ い鞋履あいり弊盡へいじんせずばこれをあらためたまはず。溫飯おんぱん煖羮だんこう酸餧さんいせずばこれをへたまはず。小心約志しょうしんやくし、もつて事に無爲ぶ いしたがひ給ふ。この宮垣きゅうえんくづるれども造らせられず。茅茨ぼうしやぶるれどもかせられず。風雨ふううときにしたがひ、五こくゆたかにみのり、三年にして百せい殷富いんぷ歡聲かんせいみちてり。

 七年夏四月朔日ついたち天皇たかどのに登り、烟氣けぶりの多く起るを見たまひて、皇后に語りたまはく

ちんすでにめり、また何をかうれへん』と

皇后のもうさく

『いま宮室きゅうしつ朽壞きゅうかいして、暴露ばくろまぬがれず、何をかめりとのたまふ』と

天皇のたまはく

『天のきみを立つるは、もと百せいのためなり。ゆえきみは百せいをもつてもととなす。いにしへの聖王せいおうは、一人饑寒きかんすとも、これをかえりみて身をめたり。百せいの貧しきはすなわちんの貧しきなり。百せいの富めるはすなわちんの富めるなり。いまだ百せい富みて、きみ貧しきものはあらざるなり』と。

秋九月諸國ひていわ

課役かえきならびめんぜられてより、すでに三年をたり。いま百せい富饒ふじょうにして、みちちたるをひろはず。家に餘儲よちょあれども、宮殿朽壞きゅうかいして府庫ふ こたず。稅調ぜいちょうみつぎ、もつて宮室きゅうしつを修理せん』と。

ゆるし給はず。十年冬十月、はじめて課役かえきし、もつて宮室きゅうしつを造りたまふ。ここにおいて、百せいおいたすようたずさへ、先をあらそひてきたおもむき、材を運びひ、日夜營作えいさくす。いまだいくばくならずして、宮室きゅうしつことごとく成れり。(日本書紀