2 建國の大詔 神武天皇(第一代)

建國けんこく大詔たいしょう(己未三月 日本書紀

自我東征。於茲六年矣。賴以皇天之威。凶徒就戮。雖邊土未淸餘妖尙梗。而中洲之地無復風塵。誠宜恢廓皇都。規摹大壯。而今運屬此屯蒙。民心朴素。巢棲穴住。習俗惟常。夫大人立制。義必隨時。苟有利民。何妨聖造。且當披拂山林。經營宮室。而恭臨寶位。以鎭元元。上則答乾靈授國之德。下則弘皇孫養正之心。然後兼六合以開都。掩八紘而爲宇。不亦可乎。觀夫畝傍山東南橿原地者。蓋國之墺區乎。可治之。

【謹譯】あずませいしてよりここに六ねんなり。さいわひに皇天こうてんもっ凶徒きょうとりくにつき、邊土ほとりのくにいまだしずまらず、餘妖よようなほたけしいえども、中洲ちゅうしゅうまた風塵ふうじんなし。まことよろしく皇都こうと恢廓かいかくし、大壯みあらか規摹き ぼすべし。しかして、いまうん屯蒙ちゅんもうぞくし、民心みんしん朴素ぼくそにして、巢棲そうせい穴住けつじゅう習俗しゅうぞくつねなり。大人たいじんせいつるや、かならときしたがふ。いやしくもたみするあらば、なん聖造ひじりのわざたるをさまたげんや。まさ山林さんりんひらはらひ、宮室きゅうしつ經營けいえいし、つつしみて寶位たかみくらのぞみ、もっ元元おおみたからしずむべし。かみすなわ乾靈國あまつかみくにさずくるのとくこたへ、しもすなわ皇孫こうそんせいやしなふのこころひろめ、しかのち六合りくごうねてもっみやこひらき、八こうおおひていえとなさむことまたならずや。畝傍山うねびやま東南たつみのすみ橿原かしはらをみれば、けだくに墺區もなかなるか。これみやこし。

【字句謹解】◯東征 東國とうごく賊徒ぞくとを征討せられしこと。詳くは〔註一〕をみよ ◯六年 東征とうせいの年すなわ甲寅きのえとらの年から己未つちのとひつじの年にいたる六年をおおせられしもの ◯ さいはひ、さいわひ、よい都合に ◯凶徒戮に就き 凶徒きょうと惡者あだものどもの意、りくは罪人をけいし殺すこと。すなわ皇軍こうぐんに反抗する惡者あだものどもが平定された意 ◯邊土 僻遠へきえんの土地、都に遠いへんぴなところ ◯餘妖尙ほ梗 ようはあやしき惡者あだものたけしは猛威を振ふこと。すなわ賊兵ぞくへい殘徒ざんといきおひさかんであるの意 ◯中洲の地 大和やまと地方を指す ◯皇都を恢廓 恢廓かいかくひろおおいにする、すなわち都をひらき大きくすること。漢書かんじょ吾丘ごきゅう壽王傳じゅおうでんに『祖業』と見え、ちゅうかい大也だいなり廣大也こうだいなりかく開也かいなり、張小使大の意なりとあり ◯大壯 そうで、ごてん・宮殿の古語。古書に『をたかしりまして』などとみゆ天照大御神あまてらすおおみかみの『齋鏡さいきょう神勅しんちょく』にも『ともにみゆかを同じくし、殿みあらかをひとつにしていわいかがみとすべし』とあり。えき繋辭けいじに『上古穴居而野處、後世聖人易之、以宮室上棟下宇、以待風雨、蓋取諸也』とあるに出でし語。宮室きゅうしつ穴居けっきょよりも壯大そうだいであるところから、かりて宮室の意に用ふ ◯規摹 規模き ぼに同じ、のりてほんとして計畫けいかくする ◯ めぐりあはせ、まはりあはせ、天よりうけし命數めいすうをいふ。ここでは機運の意。同樣の用例としては北史ほくし武帝しゅうぶていきに『當澆季、思復古始』とあり。また詔勅しょうちょくにおける用例としては、第五十三代淳和じゅんな天皇みことのり(第七十二參照)に『朕鍾寶曆、嗣奉洪基』とあり ◯屯蒙 ちゆんもう。たむろする無智む ち蒙昧もうまい土人どじん。ここでは皇威こういに服せし大和地方の土著民どちゃくみんを指す ◯巢棲穴住の習俗惟れ常なり 日常穴や巣に居住するのを習慣として居る ◯大人 天を以てだいとなし、之にのっとる人を聖人せいじんとよぶ。すなわとくたかく度量どりょうひろき人のひ。えきに『者與天地合其德、與日月合其明』とあり ◯義必ず時に隨ふ 諸制度はつねに時勢に順應じゅんのうしてたてねばならぬとお示しになつたもので、立法の精神せいしんとしてこれを近代的に見るも、まことに進歩的な御思想と申しぐべきである。皇道こうどうの精神が固定的でなく、つねに日々これあらたなるは、かかる進歩的思想に因由いんゆうするもので、この一句は特に銘記めいきすべきである。ほ歷代天皇は、爾後じ ごこの御精神を繼承けいしょうしてられるが、それは第五十三代淳和じゅんな天皇が、弘仁こうにん十四年十二月のみことのりにおいて『すくふのみちは、守株しゅしゅからず。ときよろしきにしたがひ、膠柱こうちゅうすべけんや』(第七十二參照)とおおせられ、また文德もんとく天皇が『皇王こうおうきょくまつりごとく、ときしたがふをたっとぶ』(第八十一參照)とおおせられて居ることとうによつても知ることが出來る ◯聖造 ひぢりのわざ。ひぢりは天子又は聖人。孝德こうとく天皇しょ制度せいど改新かいしんみことのり(大化二年)に『ひじり人主き みたり、ここもっ聖主ひじりのきみ天皇すめらみことは云々』と見ゆ。造ははじめて物をつくる意、すなわち創造・肇造ちょうぞう ◯元元 おほみたから、たみ、國民。黎元れいげん黎民れいみん黔首けんしゅ億兆おくちょうに同じ ◯乾靈 あまつかみ。こと天神あまつかみおよび神世かみよそのの神々 ◯正を養ふの心 正義・正道せいどうの心を養成ようせいすること、せいやしなすなわち「養正ようせい」といふことは、日本皇道こうどうの根本道念どうねんで、同じく日本書紀神武じんむ天皇みことのりに『故蒙以、治此西偏』とも見ゆ。養正ようせいの意義は備考欄に詳說しょうせつす ◯六合 りくがふ。東・西・南・北・上・下の六ぽう天地てんちほうの義 ◯八紘を掩ひて宇と爲す 八こうは四ほうと四ぐうすなわち八ぽう淮南子えなんじに『八澤之外有、亦方千里』とあり。八こうおおふとは國家をべること、すなわち國家を以ていえとするの義。今上きんじょう陛下が御卽位ごそくい勅語ちょくごにおいて『皇祖こうそ皇宗こうそうくにたみのぞムヤたみルコトごとシ』とおおせられたのはこの意である ◯畝傍山 〔註二〕をみよ ◯橿原 〔註三〕をみよ ◯墺區 もなか。中樞ちゅうすう地區ちく文選もんぜん西都賦せいとのふに出でし語。

〔註一〕東征 紀元前七年十月、天皇諸皇族を率ゐて日向ひゅうがはっしたまひ、海路速吸門はやすいのと(今の佐賀ノ關海峡)を過ぎ、豐國とよのくに筑紫つくし安藝あ き吉備き びて、紀元前三年二月、更にひがしして浪速なにわちゃくしたまひ、賊徒ぞくとを討ち、つひに膽駒山いこまやまを越えて大和やまとり給ひしを指す。ほ、神武じんむ天皇東征とうせいの理由は、左の『天業てんぎょう恢弘かいこう東遷とうせん大詔たいしょう』によつて、拜察はいさつすることが出來る。

   また鹽土しおづち老翁お じに聞く、いわく東に美地び ちあり、靑山せいざんよもめぐれり。その中にまたあめ磐船いわふねりて飛びくだれるものありと。おもふに、の地は必ず以て天業てんぎょう恢弘かいこうし、天下に光宅こうたくするに足るべし。けだ六合りくごうの中心か。

〔註二〕畝傍山 大和國やまとのくに高市郡たかいちごおり白橿村しろかしむらの中央に孤立せる一ざん土俗どぞくこれを慈明寺山じみょうじざんと呼び、山頂に畝傍うねび神社あり、神武じんむ天皇まつる。

〔註三〕橿原の地 大和國高市郡白橿村大字おおあざ畝傍うねびり。橿原宮かしはらのみや(また白橿原宮ともいふ)は神武じんむ天皇の皇居なりしも、いまあとつまびらかならず。明治二十二年皇祖こうそ發祥はっしょうあともとめ、畝傍山うねびやま東南の地に神宮じんぐうを建ててあとを表明す。橿原かしはら神宮じんぐう(官幣大社)これである。

【大意謹述】紀元前七年十月、日向ひゅうがを立つて東征とうせいのぼつてからこのかた六年、さいわ皇天こうてん御威光ごいこうによつて賊徒ぞくともおほむね平定し、僻遠へきえんの地方には、凶賊きょうぞく殘徒ざんと餘勢よせいを保つてはゐるが、大和地方一たい土民どみん皇威こういに服し、静謐せいひつするに至つた。かくて今や皇都こうとを建設すべき機運に向つて居ると思はれるので、この地に都をひらき、大規模に皇都を建設するであらう。幸ひにこの地方の土著民どちゃくみんは、平常ふだん穴やの中に住んでゐて、その性質がすなほでおとなしいから、ちん仁政じんせいいて、づ彼等をめぐみ導くであらう。思ふに大人たいじんが制度を立つるにあたつては必ずその時勢に順應じゅんのうした良い制度を立てねばならぬ。かりにも人民の利益りえきになることであつたならば、たとへ聖人せいじんの創造されたものであつても、これを變更へんこうして少しも差支へはない。朕は、いま山林をひらきはらつて宮殿を築造經營けいえいし、つつしんで天皇の位にき、臣民おおみたから安寧あんねいと幸福とをはかるであらう。そしてかみあまかみが、國をお授けになつた御神德ごしんとくに答へたてまつり、しも皇子孫こうしそんが正しい心を養成するためのよすがとなし、そしてち天下を統一して都をひらき、國を以て家となし、民を視ること、子の如くするであらう。それについて大和國やまとのくに畝傍山うねびやま東南たつみのすみにある橿原かしはらの地をそうするに、國の中央もなかにあたる樞要すうようの地と思はれるので、ここに皇都こうとを建設するであらう。

【備考】この大詔たいしょうは、天皇土蜘蛛つちぐもを平定された紀元前二年の三月に下されたもので、すなわち命じて宮殿を橿原かしはらの地にいとなませられ、こうなるや翌々年(紀元元年辛酉の歳)の正月朔日ついたちをもつて御卽位ごそくい、かくて建國けんこく大業たいぎょうを完成されたのである。この建國の大詔たいしょうは、前述皇祖こうそ御神勅ごしんちょくと共に、最も重要なみことのりで、わが國百せい統攝とうしょう的根本精神せいしんをお示しになつたものであり、以後列聖れっせい詔勅しょうちょくは、いづれもこの聖意せいい繼承けいしょう宣明せんめいあらせられたものとも見ることが出來る。こと神武じんむ天皇がこの詔勅しょうちょくに於て、『大人たいじんせいを立つるや、必ず時にしたがふ』とおおせられて、きはめて進歩的な御精神ごせいしんをお示しになつたことと、そして『せいやしなふの心』すなわ養正ようせいといふ日本皇道こうどうの根本道念どうねんとをお示しになつたことを、特に注意せねばならぬ。同じく神武じんむ天皇は『天業てんぎょう恢弘かいこう大詔たいしょう』においても

 此時運屬鴻荒、時鐘草昧。故蒙以養正、治此西偏。

 (ときうん鴻荒こうこうぞくし、とき草昧そうまいあたれり。ゆえもうにして以てせいやしなひ、この西偏せいへんおさむ)

おおせられ、ほまた

 皇祖こうそ皇考こうこうすなわしんすなわせいにして、よろこびみ、ひかりかさねたまひ、おお年所ねんしょたり

のたまはせられて、皇祖考こうそこう御德おんとくたたへられて居る。特に天皇は、皇曾祖こうそそ瓊々杵尊ににぎのみこと御尊崇ごそんそうあそばされ、その御德おんとくしょうするには、いつもと仰せられて居る。このせいやしなすなわ養正ようせいといふことは、積慶せっけい重暉ちょうきの二德目とくもくと共にわが建國けんこくの三大要素である。もっと支那し な儒敎じゅきょう諸子しょしの說などにも、正義を說いた敎へは必ずしも少くはない。たとへば大學だいがく正心せいしん誠意せいい條目じょうもくなどもそれである。孟子もうし養氣ようきの說や、文天祥ぶんてんしょう正氣せいきの歌なども、よく日本の養正ようせいの氣分をいひ表はしてり、養正ようせい養眞ようしん等の熟字じゅくじ訓言くんげんもある。また印度インドの八正道しょうどう(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)の如きも、せいの義を八種に分けて、こまかく說明しては居る。しかし支那人・印度人が虛言きょごん妄語もうごの使用者にすぎないのに反し、わが日本の古典では分析的の敎訓きょうくんや、あるい演繹えんえき的の說明こそ少いが、歷代天皇、身を以てこれを實際じっさいにお示しになつて居る。その事實じじつは、以下本書謹述きんじゅつするところの詔勅しょうちょく隨所ずいしょに、讀者どくしゃはこれを發見はっけんせられるであらう。

 思ふに日本皇道こうどうの根本道念どうねんは、敬神けいしん尙武しょうぶ養正ようせいの三で、これを物質的に象徵しょうちょうしたものが三種の神器しんきである。鏡とつるぎ敬神けいしん尙武しょうぶを象徵するのにたいして、勾玉まがたま信義しんぎ誠心せいしんすなわ養正ようせいの德を象徵したものである。わが天皇が、卽位そくいのはじめにあたり、天位てんい御璽おんしるしとして三種の神器しんき繼承けいしょう保有したまふのは、とりも直さず、わが皇道こうどうの根本道念どうねんたる敬神けいしん尙武しょうぶ養正ようせいの三とく繼承けいしょうし、躬行きゅうこう實踐じっせんしたまふ御意味おんいみはいすべきであらう。ほここに特に一ごんすべきは、日本書紀所載しょさい詔勅しょうちょくの文章が、書紀の筆者によつて、多少潤色じゅんしょくされて居るとしても、わが天皇思想の根源がそこにあつたことは明らかであるといふ一である。なんとなれば、日本書紀は奈良朝の初期(元正天皇の養老四年―皇紀一三八〇年)に完成したものではあるが、その原書となつたものは、當時とうじわが國に存在し傳誦でんしょうせられた舊事きゅうじ遺文いぶんすなわ當時とうじにおける皇室や、有力な舊家きゅうかつたはつたその家の祖先の事蹟じせきかんする古記錄や物語り、および歸化人きかじんの家にそんした記錄などで、これ等の舊事きゅうじ遺文いぶんや古記錄は、案外に正確なものであつたことを信ぜしめる理由が多々あるからである。例へば日本書紀には三かんかんする記事がはなは豐富ほうふで、その資料は相當そうとうに正確・詳密しょうみつであつたことを思はしめるものあるが、たんにこの一によるも古代における修史しゅうし事業が、意外に整然たる體系たいけいと組織とのもとに、愼重しんちょうつ熱心に遂行すいこうされたであらうことを知りるからである。