読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

101 朝見御儀勅語 今上天皇(第百二十四代)

朝見ちょうけん御儀おんぎ勅語ちょくご(昭和元年十二月二十八日 官報) 朕ちん皇祖こうそ皇宗こうそうノ威靈いれいニ賴よリ、萬世ばんせい一系けいノ皇位こういヲ繼承けいしょうシ、帝國ていこく統治とうちノ大權たいけんヲ總攬そうらんシ、以もっテ踐祚せ…

100 國民精神作興ノ詔書 大正天皇(第百二十三代)

國民こくみん精神せいしん作興さっこうノ詔書しょうしょ(大正十二年十一月十日 聖鑒) 朕ちん惟おもフニ國家こっか興隆こうりゅうノ本もとハ、國民こくみん精神せいしんノ剛健ごうけんニ在あリ。之これヲ涵養かんようシ、之これヲ振作しんさくシテ以もっテ…

99 勤儉ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

勤儉きんけんノ勅語ちょくご(明治十二年三月 岩倉公實記) 朕ちん幼冲ようちゅうニシテ國くにノ艱難かんなんニ際さいシ、祖宗そそうノ威靈いれいト諸臣しょしんノ力ちからニ賴よリ、中興ちゅうこうノ大業たいぎょうヲ成なスコトヲ得えタリ。惟おもんミルニ…

98 減租ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

減租げんそノ勅語ちょくご(明治十年一月四日 三條實美公年譜) 朕ちん惟おもフニ、維新いしん日ひ淺あさク、中外ちゅうがい多事た じ、國用こくよう實じつニ貲はかラレス。而しかシテ兆民ちょうみん猶なホ疾苦しっくノ中うちニ在あリテ、未いまタ富庶ふしょ…

97 地方官會議ヲ開クノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

地方官ちほうかん會議かいぎヲ開ひらクノ勅語ちょくご(明治八年五月二十日 岩倉公實記) 茲ここニ地方官ちほうかん會議かいぎノ始はじメ、朕ちん親みずかラ臨のぞみテ、汝なんじ各官かくかんニ詔つク。朕ちん經國けいこく治民ちみんノ易やすカラサルヲ思お…

96 用ヲ節シテ救助充ツルノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

用ようヲ節せっシテ救助きゅうじょニ充あツルノ勅語ちょくご(明治二年八月二十五日 太政官日誌) 朕ちん、登祚とうそ以降いこう、海內かいだい多難たなん、億兆おくちょう未いまタ綏寧すいねいセス。加之しかのみならず、今歳こんさい淫雨いんう農のうヲ害…

95 可否ヲ獻替セシムルノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

可否か ひヲ獻替けんたいセシムルノ勅語ちょくご(明治二年四月二十日 太政官日誌) 朕ちん、嚮さきニ汝なんじ百官かん群臣ぐんしんト五事じヲ掲かかケ、天地てんち神明しんめいニ質ただシ、綱紀こうきヲ皇張こうちょうシ、億兆おくちょうヲ綏安すいあんスル…

94 直諫ヲ求ムルノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

直諫ちょっかんヲ求もとムルノ勅語ちょくご(明治元年十月十七日 法令全書) 皇國一體。東西同視。朕今幸東京。親聽內外之政。汝百官有司。同心戮力。以翼鴻業。凡事之得失可否。宜正議直諫。啓沃朕心。 【謹譯】皇國こうこく一體たい、東西とうざい同視どう…

93 奥羽ニ下シ給ヘル勅語 明治天皇(第百二十二代)

奥羽おううニ下くだシ給たまヘル勅語ちょくご(明治元年八月七日 太政官日誌) 朝綱ちょうこう一タヒ弛ゆるミシヨリ、政權せいけん久ひさシク武門ぶもんニ委いス。今いまヤ朕ちん祖宗そそうノ威靈いれいニ賴よリ、新あらたニ皇統こうとうヲ紹つキ、太政たい…

92 救荒ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

救荒きゅうこうノ勅語ちょくご(明治元年六月二十二日 岩倉公實記) 曩者さきに德川とくがわ慶喜よしのぶ、兵へいヲ擧あケテ闕けつヲ犯おかサントスルヤ、伏見ふしみ・淀よど等とうノ民家みんかヲ焚燒ふんしょうシ、朕ちんカ赤子せきしヲ蹂躙じゅうりんス。…

91 國威宣布の宸翰 明治天皇(第百二十二代)

國威こくい宣布せんぷの宸翰しんかん(明治元年三月十四日 太政官日誌) 朕ちん幼弱ようじゃくを以もって、猝にわかに大統だいとうを紹つき、爾來じらい何なにを以もって萬國ばんこくに對立たいりつし、列祖れっそに事つかへ奉たてまつらんやと、朝夕ちょう…

90 五箇條ノ誓文 明治天皇(第百二十二代)

五箇條かじょうノ誓文せいもん(明治元年三月十四日 太政官日誌) 一廣ひろク會議かいぎヲ起おこシ萬機ばんき公論こうろんニ決けっスヘシ。 一上下しょうか心こころヲ一ニシ盛さかんニ經綸けいりんヲ行おこなフヘシ。 一官武かんぶ一途と庶民しょみんニ至い…

89 改元の詔 孝明天皇(第百二十一代)

改元かいげんの詔みことのり(安政元年十一月 孝明天皇紀) 蓋聞。皇猷得宜。而寰宇又安。則天地表祥瑞之應。庶政不明。而民心疾苦。則陰陽示灾眚之變。嗚呼可不愼哉。朕叨以眇眇之躬。恭託元元之上。自纘鴻業。八閱寒暑。夙夜祇畏。匪遑底寧。然誠不感物。…

88 直言を求むるの詔 後嵯峨天皇(第八十八代)

直言ちょくげんを求もとむるの詔みことのり(寬元三年四月 平戸記) 朕聞。人欲自照。必須明鏡。主欲知過。必藉忠信。雖堯舜禹湯文武之君。諮稷契皐陶伊呂之臣。其君隨諫而聖也。其臣無謟而直也。社稷因竝安全。寰海因茲靜謐。朕以眇身。謬備元首。親萬機之…

87 服御常膳を減じ並に恩赦賑給を行ふの詔 村上天皇(第六十二代)

服御ふくぎょ常膳じょうぜんを減げんじ並ならびに恩赦おんしゃ賑給しんきゅうを行おこなふの詔みことのり(天曆十年七月 本朝文粹) 儉者德之本也。明王能致。惠者仁之源也。聖朕以寡薄。誤守洪基。居黄屋而不驕。役丹符而自約。而化非春風。澤殊時雨。愼日…

86 服御を減じ年料を省くの勅 宇多天皇(第五十九代)

服御ふくぎょを減げんじ年料ねんりょうを省はぶくの勅みことのり(寬平八年十月 本朝文粹) 朕去仁和五年二月二十日。服御常膳。務從省約。所司准舊。四分減一服。心不兼心。慮無再慮。願擧塵露之積。將成禮節之和。豈圖水旱兵疫年頻有災。諸國自闕調庸。百…

85 服御を省減するの勅 光孝天皇(第五十八代)

服御ふくぎょを省減せいげんするの勅みことのり(仁和元年四月 三代實錄) 朕以眇身。猥承鴻緒。膺登用之業。有若馭奔。受光啓之符。无忘履薄。朕綜覈前王。捜羅曩制。唯思宵衣是遵。旰食是勉。躬行慈儉。人臻富庶。而運承澆季。風頽俗弊。帑藏虛耗。經用殷…

84 禁野に樵蘇するを聽すの勅 陽成天皇(第五十七代)

禁野きんやに樵蘇しょうそするを聽ゆるすの勅みことのり(元慶七年十二月 三代實錄) 禁野之興。非妨民業。至于草木。素不拘制。嘉祥三年四月二十六日。今年正月二十一日頒告訖。而預人等。假託威勢。矯峻法禁。或駈略牛馬。忽無放牧之便。或奪取鎌斧。遂失…

83 雨害存恤の勅 淸和天皇(第五十六代)

雨害うがい存恤そんじゅつの勅みことのり(貞觀十一年十月 三代實錄) 妖不自作。其來有由。靈譴不虗。必應粃政。如聞。肥後國迅雨成暴。坎德爲灾。田園以之淹傷。里落由其蕩盡。夫一物失所。思切納隍。千里分憂。寄皈牧宰。疑是皇猷猶鬱。吏化乖宜。方失毗…

82 服御常膳を減じ慈雨を祈るの詔 淸和天皇(第五十六代)

服御ふくぎょ常膳じょうぜんを減げんじ慈雨じ うを祈いのるの詔みことのり(貞觀十一年六月 三代實錄) 朕聞。上天不能獨理。故立君以司牧。君道無忒。則玉燭均調。時政失宜。則陰陽乖隔。遠稽帝典。遙計皇猷。重規疊矩。未有違之者。朕以菲虛。嗣守鴻業。德…

81 疫病の流行を憂念するの詔 文德天皇(第五十五代)

疫病えきびょうの流行りゅうこうを憂念ゆうねんするの詔みことのり(仁壽三年四月 文德實錄) 皇王建極布政。貴其順時。聖哲凝規宣風。欲其應節。故能裁成庶物。覆燾之德克隆。光宅八埏。全濟之功斯遠。朕以寡德。忝統鴻基。旰日勿休。乙夜忘寢。非貧四海之…

80 勸農の詔 文德天皇(第五十五代)

勸農かんのうの詔みことのり(仁壽二年八月 類聚三代格) 洪範八政。食居第一。食貨志又云。國無粟而可活者。自古未之聞。然則王政之要。生民之本。唯在務農。頃年諸國所告。不堪佃。其數居多。是由國郡官司。不勤地利。不重民命之所致矣。甚非所以選擇良吏…

79 水害賑恤の詔 文德天皇(第五十五代)

水害すいがい賑恤しんじゅつの詔みことのり(仁壽元年八月 文德實錄) 朕聞。佐下民者天也。相上帝者君也。君道得則天錫純嘏。民心苦則國式挺灾。朕以寡昧。嗣守鴻基。憂負重而春氷。顧馭朽以秋駕。只願返淳源於旣遠。舒景煦於方今。家詠京坻之豐。人誇鍾皷…

78 山野の禁に關する詔 文德天皇(第五十五代)

山野さんやの禁きんに關かんする詔みことのり(嘉祥三年四月 文德實錄) 山野之禁。本爲鶉雉。至於草木。非有所制。如聞。所由不熟事意。矯峻法禁。奪人斧斤。捕人牛馬。絕其往還之跡。妨其樵蘇之業。爲人之患。莫此之甚。宜早下知。莫令更然。又聞。豪貴之…

77 農耕を勸むるの勅 仁明天皇(第五十四代)

農耕のうこうを勸すすむるの勅みことのり(承和七年二月 續日本後紀) 國家隆泰。要在富民。倉廩充實。良由有年。故耕耘時。必致京坻之蕃。稼穡候違。招飢饉之憂。農之爲道。豈不勗歟。去年炎旱作灾。嘉榖彫萎。百姓阻飢。國用闕乏。雖灾異之臻。則是天道。…

76 糴糶を行ふの詔 仁明天皇(第五十四代)

糴糶てきとうを行おこなふの詔みことのり(大長十年十二月 續日本後紀) 如聞。諸國糴糶。有利於民。无損於公。自今以後。不立年限。永俾行之。 【謹譯】聞きくならく、諸國しょこくに糴糶てきとうあり。民たみに利りありて、公おおやけに損そん无なしと。今…

75 飢疫賑給の詔 仁明天皇(第五十四代)

飢疫きえき賑給しんきゅうの詔みことのり(天長十年五月 續日本後紀) 夫一榖不贍。百姓不嗛。必遵救乏之典。兼明勸穡之義。是則救瘼恤隱。固本厚生。雖沿革有時。而斯塗莫爽者也。朕虔膺明命。撫字黔黎。思脩和平之猷。以登仁壽之域。如聞。諸國去年榖稼頗…

74 稻榖を返給するの勅 仁明天皇(第五十四代)

稻榖とうこくを返給へんきゅうするの勅みことのり(天長十年五月 續日本後紀) 夫富豪所貯。是貧窶之資也。如聞。先來所行。吏非其人。只事借用。无意返給。所以貧富倶弊。周急憐絕。宜至秋收。特遣使者。悉令返給。 【謹譯】夫それ富豪ふごうの貯たくわふる…

73 貧民優恤の詔 仁明天皇(第五十四代)

貧民ひんみん優恤ゆうじゅつの詔みことのり(天長十年四月 續日本後紀) 鷄觀之上。日照先被。龍輅所過。恩典便降。嵯峨院者。先太上天皇光臨之地。第宮聳構。分東西之名區。芝蓋駐蔭。追汾陽之高賞。宣遊斯在。引年其深。然則當邑之甿。須霑慶幸。近壤之戸…

72 禮服著用を停むるの詔 淳和天皇(第五十三代)

禮服れいふく著用ちゃくようを停とどむるの詔みことのり(弘仁十四年十二月 類聚國史) 古之王者。受命膺籙。文質相變。損益不同。興風致治。垂範彝訓。通之古今。其揆一也。頃者陰陽錯謬。旱疫更侵。年榖不登。黎甿殘耗。朕運鍾寶曆。嗣奉洪基。永思善政。…

71 田租を免ずるの詔 嵯峨天皇(第五十二代)

田租でんそを免めんずるの詔みことのり(弘仁六年七月 日本後紀) 天生黎元。樹之司牧。所以阜財利用。化成天下。是以欲濟弊俗。達旦不已。思使農夫有稔熟之歡。婦功無杼軸之歎。而去五月以降。雨水迸溢。田疇不修。夫百姓不足。君孰與足。宜俾左右京畿內。…

70 諸國の吏を責むるの勅 嵯峨天皇(第五十二代)

諸國しょこくの吏りを責せむるの勅みことのり(弘仁四年五月 類聚國史) 治國之要。在於富民。民有其蓄。凶年是防。故禹水九年。人無飢色。湯旱七歳。民不失業。今諸國之吏。深乖委寄。或差役失時。妨廢農要。或專事侵漁。無心撫字。因此黎元失業。飢饉自隨…

69 田租を免ずるの勅 平城天皇(第五十一代)

田租でんそを免めんずるの勅みことのり(大同元年十一月 類聚國史) 筑前肥前者宜免二箇年。筑後肥後豐前豐後日向大隅薩摩壹岐等者。並免一箇年。 伊賀紀伊淡路等三國。頻年不稔。民弊殊甚。宜始自今年。六箇年田租。免四收六。 【謹譯】筑前ちくぜん・肥前…

68 正稅を貸すの勅 平城天皇(第五十一代)

正稅せいぜいを貸かすの勅みことのり(大同元年五月 日本後紀) 今聞。頻年不登。民食惟乏。雖出擧公稻。而猶多阻飢。因茲。私託民間。更事乞貸。報償之時。息利兼倍。遂使富强之輩。膏粱有餘。貧弊之家。糟糠不厭。宜貸正稅。濟彼絕乏。須差使實錄貧人。結…

67 貧富を均濟にするの勅 桓武天皇(第五十代)

貧富ひんぷを均濟きんさいにするの勅みことのり(延曆二十二年六月 類聚國史) 去年不登。民業絕乏。富贍之輩。唯有餘儲。糶則要以貴價。借則責之大利。因茲貧民彌貧。富家逾富。均濟之道。良不須然。宜遣使大和國。割折有餘之貯。假貸不足之徒。收納之時。…

66 王臣豪民の山林を占むるを禁ずるの勅 桓武天皇(第五十代)

王臣おうしん豪民ごうみんの山林さんりんを占しむるを禁きんずるの勅みことのり(延曆十九年四月 類聚國史) 山澤之利。公私須共。是以屢下明制。重禁專擅。而伊賀國不顧朝憲。王臣豪民。廣占山林。不許民採。國郡官司。知而不禁。妨民奪利。莫過於斯。若慣…

65 田租を免ずるの詔 桓武天皇(第五十代)

田租でんそを免めんずるの詔みことのり(延曆十八年六月 日本後紀) 惟王經國。德政爲先。惟帝養民。嘉榖爲本。朕以寡薄。忝承洪基。懼甚履氷。懍乎御朽。昧旦丕顯。日昃聽朝。思弘政治。冀宣風化。而時雍未洽。陰陽失和。去年不登。稼穡被害。眷言其弊。有…

64 田租を免ずるの詔 桓武天皇(第五十代)

田租でんそを免めんずるの詔みことのり(延曆九年九月 續日本紀) 朕以寡昧。忝馭寰區。旰食宵衣。情存撫育。而至和靡屆。炎旱爲灾。田疇不修。農畝多廢。雖豐儉有時。而責深在予。今聞。京畿失稔。甚於外國。兼苦疾疫飢饉者衆。宜免左右京及五畿內。今年田…

63 出擧の息利を減ずるの詔 桓武天皇(第五十代)

出擧すいこの息利そくりを減げんずるの詔みことのり(延曆七年九月 續日本紀) 朕以眇身。忝承鴻業。水陸有便。建都長岡。而宮室未就。興作稍多。徵發之苦。頗在百姓。是以優其功賃。欲無勞煩。今聞。造宮役夫。短褐不完。類多羸弱。靜言於此。深軫于懷。宜…

62 五畿內に下し給へる詔 桓武天皇(第五十代)

五畿內きないに下くだし給たまへる詔みことのり(延曆七年四月 續日本紀) 頃者亢旱累月。溝池乏水。百姓之間。不得耕種。宜仰所司。不問王臣。家田有水之處。恣任百姓。權令播種勿失農時。 【謹譯】頃者このごろ亢旱こうかん月つきを累かさね、溝池こうち水…

61 豐稔賑恤の詔 桓武天皇(第五十代)

豐稔ほうねん賑恤しんじゅつの詔みことのり(延曆六年十月 續日本紀) 朕君臨四海。于茲七載。未能使含生之民。共洽淳化。率土之內。咸致雍熙。顧惟虛薄。良用慙嘆。而天下諸國。今年豐稔。享此大賚。豈獨在予。思與百姓。慶斯有年。其賜天下高年。百歳已上…

60 王臣等山澤の利を專にするを禁ずるの詔 桓武天皇(第五十代)

王臣おうしん等ら山澤さんたくの利りを專もっぱらにするを禁きんずるの詔みことのり(延曆三年十二月 續日本紀) 山川藪澤之利。公私共之。具有令文。如聞比來。或王臣家。及諸司寺家。包幷山林。獨專其利。是而不禁。百姓何濟。宜加禁斷。公私共之。如有違…

59 國司の私營田幷に墾闢を禁ずるの詔 桓武天皇(第五十代)

國司こくしの私營田しえいでん幷ならびに墾闢こんぺきを禁きんずるの詔みことのり(延曆三年十一月 續日本紀) 民惟邦本。本固國寧。民之所資。農桑是切。比者諸國司等。厥政多僻。不愧撫道之乖方。唯恐侵漁之未巧。或廣占林野。奪蒼生之便要。或多營田園。…

58 僧徒の利を貪るを禁ずるの勅 桓武天皇(第五十代)

僧徒そうとの利りを貪むさぼるを禁きんずるの勅みことのり(延曆二年十二月 續日本紀) 先有禁斷。曾未懲革。而今京內諸寺。貪求利潤。以宅取質。𢌞利爲本。非只綱維越法。抑亦官司阿容。何其爲吏之道。輙違王憲。出塵之輩。更結俗網。宜其雖經多歳。勿過一…

57 官紀振肅の詔 桓武天皇(第五十代)

官紀かんき振肅しんしゅくの詔みことのり(天應元年六月 續日本紀) 惟王之置百官也。量材授能。職員有限。自茲厥後。事務稍繁。卽量劇官。仍置員外。近古因循。其流盖廣。譬以十羊。更成九牧。民之受弊。寔爲此焉。朕肇膺寶曆。君臨區夏。言念生民。情深撫…

56 坂東諸國に糒を備ふるの勅 光仁天皇(第四十九代)

坂東ばんどう諸國しょこくに糒ほしいいを備そなふるの勅みことのり(寶龜十一年五月 續日本紀) 機要之備。不可闕乏。宜仰坂東諸國。及能登越中越後。令備糒三萬斛。 【謹譯】機要きようの備そなえは、闕乏けつぼうすべからず。宜よろしく坂東ばんどう諸國し…

55 不當の利を貪るを禁ずるの勅 光仁天皇(第四十九代)

不當ふとうの利りを貪むさぼるを禁きんずるの勅みことのり(寶龜十年九月 續日本紀) 頃年百姓競求利潤。或擧少錢。貪得多利。或期重契。强責質財。未經幾月。忽然一倍。窮民酬償彌致滅門。自今以後。宜據令條。不得以過一倍之利。若不悛心。㒃及與者。不論…

54 田を賈り傜錢を輸するを禁ずるの勅 光仁天皇(第四十九代)

田たを賈うり傜錢ようせんを輸ゆするを禁きんずるの勅みことのり(寶龜十年九月 續日本紀) 依令條。全戸不在郷。依舊籍轉寫。幷顯不在之由。而職撿不進計帳之戸。無論不課及課戸之色。摠取其田。皆悉賣却。一取之後。更無改還。濟民之務。豈合如此。又差使…

53 農桑を勸課するの勅 稱德天皇(第四十八代)

農桑のうそうを勸課かんかするの勅みことのり(神護景雲元年四月 續日本紀) 夫農者天下之本也。吏者民之父母也。勸課農桑。令有常制。比來諸國。頻年不登。匪唯天道乖宜。仰亦人事怠慢。宜令天下。勤事農桑。仍擇差國司恪勤尤異者一人。幷郡司及民中良謹有…

52 田租を免ずるの勅 稱德天皇(第四十八代)

田租でんそを免めんずるの勅みことのり(天平神護二年六月 續日本紀) 如聞。左右京及大和國。天平神護元年田租。未全輸了。誠頻年不登。百姓乏絕。宜除輸了。外悉原免。 【謹譯】聞きくならく、左右さゆうの京きょう及および大和國やまとのくにの、天平てん…