57-2 大日本帝國憲法發布ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

大日本だいにっぽん帝國ていこく憲法けんぽう發布はっぷノ詔勅しょうちょく(第二段)(明治二十二年二月十一日) 【謹譯】國家こっか統治とうちノ大權たいけんハ、朕ちんカ之これヲ祖宗そそうニ承うケテ、之これヲ子孫しそんニ傳つたフル所ところナリ。朕ち…

57-1 大日本帝國憲法發布ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

大日本だいにっぽん帝國ていこく憲法けんぽう發布はっぷノ詔勅しょうちょく(第一段)(明治二十二年二月十一日 官報) 【謹譯】朕ちん、祖宗そそうノ遺烈いれつヲ承うケ、萬世ばんせい一系けいノ帝位ていいヲ踐ふミ、朕ちんカ親愛しんあいスル所ところノ臣…

56 皇室典範制定ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

皇室こうしつ典範てんぱん制定せいていノ詔勅しょうちょく(明治二十二年二月十一日) 【謹譯】天佑てんゆうヲ享有きょうゆうシタル我わカ日本にっぽん帝國ていこくノ寶祚ほうそハ、萬世ばんせい一系けい、歷代れきだい繼承けいしょうシ、以もっテ朕ちんカ躬…

55 內閣組織改定ノ詔勅 明治天皇(第百二十二代)

內閣ないかく組織そしき改定かいていノ詔勅しょうちょく(明治十八年十二月二十三日 官報) 【謹譯】朕ちん惟おもフニ、經國けいこくノ要ようハ、官かん其そノ制せいヲ定さだメテ機關きかん各おのおの其そノ所ところヲ得うルニ在あリ。內閣ないかくハ萬機ば…

54 立憲制度調査ノ爲メ伊藤博文ヲ歐洲ニ派遣シ給フ勅語 明治天皇(第百二十二代)

立憲りっけん制度せいど調査ちょうさノ爲たメ伊藤いとう博文ひろぶみヲ歐洲おうしゅうニ派遣はけんシ給たまフ勅語ちょくご(明治十五年三月 法規分類大全) 【謹譯】朕ちん、明治めいじ十四年ねん十月がつ十二日にちノ詔旨しょうしヲ履ふミ、立憲りっけんノ…

53-3 國會開設ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

國會こっかい開設かいせつノ勅語ちょくご(第三段)(明治十四年十月十二日 三條實美公年譜) 【謹譯】朕ちん惟おもフニ、人心じんしん進すすムニ偏へんシテ、時會じかい速すみやかナルヲ競きそフ。浮言ふげん相あい動うごカシ、竟ついニ大計たいけいヲ遺わ…

53-2 國會開設ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

國會こっかい開設かいせつノ勅語ちょくご(第二段)(明治十四年十月十二日 三條實美公年譜) 【謹譯】顧かえりミルニ立國りっこくノ體たい、國くに各おのおの宜よろしキヲ殊ことニス。非常ひじょうノ事業じぎょう、實じつニ輕擧けいきょニ便べんナラス。我…

53-1 國會開設ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

國會こっかい開設かいせつノ勅語ちょくご(第一段)(明治十四年十月十二日 三條實美公年譜) 【謹譯】朕ちん、祖宗そそう二千五百有ゆう餘よ年ねんノ鴻緒こうちょヲ嗣つキ、中古ちゅうこ紐ひもヲ解とクノ乾綱けんこうヲ振張しんちょうシ、大政たいせいノ統…

52 財政緊縮ニツイテノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

財政ざいせい緊縮きんしゅくニツイテノ勅語ちょくご(明治十三年五月 岩倉公實記) 【謹譯】朕ちん惟おもフニ、明治めいじ初年しょねん以來いらい、國用こくよう多事た じナルヲ以もっテ、會計かいけい困難こんなんヲ生しょうシ、遂ついニ十三年ねんノ今日こ…

51 元老院・大審院ヲ設置シ地方官ヲ召集スルノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

元老院げんろういん・大審院たいしんいんヲ設置せっちシ地方官ちほうかんヲ召集しょうしゅうスルノ勅語ちょくご(明治八年四月十四日 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん、卽位そくいノ初はじめ、首しゅトシテ群臣ぐんしんヲ會かいシ、五事じヲ以もっテ神明しんめ…

50 議院憲法ヲ地方長官ニ頒示セラレシ時ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

議院ぎいん憲法けんぽうヲ地方長官ちほうちょうかんニ頒示はんじセラレシ時ときノ勅語ちょくご(明治七年五月二日 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん、踐祚せんそノ初はじめ神明しんめいニ誓ちかヒシ旨意し いニ基もとづキ、漸次ぜんじニ之これヲ擴充かくじゅうシ…

49 地租改正ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

地租ち そ改正かいせいノ勅語ちょくご(明治六年七月二十八日 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん惟おもフニ、租稅そぜいハ國くにノ大事だいじ、人民じんみん休戚きゅうせきノ係かかル所ところナリ。從前じゅうぜん其そノ法ほう一ナラス、寬苛かんか輕重けいちょう…

48 三條實美ニ國費節約ヲ仰セラレシ勅諭 明治天皇(第百二十二代)

三條じょう實美さねとみニ國費こくひ節約せつやくヲ仰おおセラレシ勅諭ちょくゆ(明治六年五月 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん、前日ぜんじつ囘祿かいろくノ災わざわいニ遭あヒ、宮殿きゅうでん之これカ爲ためニ蕩盡とうじんスト雖いえどモ、今いまヤ國用こく…

47 琉球藩王ヲ封スルノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

琉球りゅうきゅう藩王はんおうヲ封ほうスルノ勅語ちょくご(明治五年九月十四日 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん、上天じょうてんノ景命けいめいニ膺あたリ、萬世ばんせい一系けいノ帝祚ていそヲ紹つキ、奄はるかニ四海かいヲ有たもチ、八荒こうニ君臨くんりん…

46 廢藩置縣斷行ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

廢藩はいはん置縣ちけん斷行だんこうノ勅語ちょくご(明治四年七月十四日 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん惟おもフニ、更始こうしノ時ときニ際さいシ、內うち以もっテ億兆おくちょうヲ保安ほあんシ、外そと以もっテ萬國ばんこくト對峙たいじセント欲ほっセハ、…

45 新律綱領頒布ノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

新律しんりつ綱領こうりょう頒布はんぷノ勅語ちょくご(明治三年十二月二十日 法規分類大全) 【謹譯】朕ちん、刑部ぎょうぶニ勅みことのりシテ律書りっしょヲ改撰かいせんセシム。乃すなわチ綱領こうりょう六卷かんヲ奏進そうしんス。朕ちん、在廷ざいてい…

44 贋金處分ノ困難ニ就テ諮問シ給ヘル勅語 明治天皇(第百二十二代)

贋金がんきん處分しょぶんノ困難こんなんニ就ついテ諮問しもんシ給たまヘル勅語ちょくご(明治二年九月二日 法規分類大全) 【謹譯】贋金がんきん天下てんかニ蔓延まんえんス。屢しばしば嚴禁げんきんアレトモ、未いまタ之これニ處しょスル方ほうヲ得えス。…

43 刑律ヲ改撰セシメ給ヘル時ノ詔 明治天皇(第百二十二代)

刑律けいりつヲ改撰かいせんセシメ給たまヘル時ときの詔みことのり(明治二年九月 法規分類大全) 【謹譯】我わが大八洲おおやしまノ國體こくたいヲ創立そうりつスル、邃古すいこハ措おいテ論ろんセス。神武じんむ天皇てんのう以降いこう二千年ねん、寬恕か…

42 王政復古の功臣に賜はりし勅語 明治天皇(第百二十二代)

王政おうせい復古ふっこの功臣こうしんに賜たまはりし勅語ちょくご(明治二年九月) 朕惟、皇道復古、朝憲維新、一資汝有衆之力。朕切嘉奬之、乃頒賜以酬有功。汝有衆勖哉。 【謹譯】朕ちん惟おもふに、皇道こうどうの復古ふっこ・朝憲ちょうけんの維新いし…

41 鍋島直正ニ蝦夷開拓督務ヲ命シ給ヘル詔 明治天皇(第百二十二代)

鍋島なべしま直正なおまさニ蝦夷え ぞ開拓かいたく督務とくむヲ命めいシ給たまヘル詔みことのり(明治二年六月 法規分類大全) 【謹譯】蝦夷え ぞ開拓かいたくハ、皇威こうい隆替りゅうたいニ關かんスル所ところ、一日じつモ忽ゆるがせニス可べカラス。汝な…

40 輔相・議定・參與ヲ登庸シ給ヘル詔 明治天皇(第百二十二代)

輔相ほしょう・議定ぎじょう・參與さんよヲ登庸とうようシ給たまヘル詔みことのり(明治二年五月 明治政覽) 【謹譯】朕ちん惟おもフニ、治亂ちらん安危あんきノ本もとハ、任用にんよう其人そのひとヲ得うルト得えサルトニアリ。故ゆえニ今いま敬つつしンテ…

39 公議所ヲ開イテ國家治安ノ基ヲ建ツルノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

公議所こうぎしょヲ開ひらイテ國家こっか治安ちあんノ基もといヲ建たツルノ勅語ちょくご(明治二年二月二十五日 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん、將まさニ東臨とうりん、公卿こうけい群牧ぐんぼくヲ會合かいごうシ、博ひろク衆議しゅうぎヲ諮詢しじゅんシ、國…

38 毛利敬親ヲ徵シ給ヘル勅語 明治天皇(第百二十二代)

毛利もうり敬親たかちかヲ徵ちょうシ給たまヘル勅語ちょくご(明治二年二月 法規分類大全) 【謹譯】天下てんかノ大義たいぎヲ明あきらかニシ、朝廷ちょうていノ體裁ていさいヲ正ただシ、爭亂そうらんヲ撥はっシテ、正せいニ反かえスハ、此こレ汝なんじカ先…

37 政治始ニ下シ給ヘル勅語 明治天皇(第百二十二代)

政治せいじ始はじめニ下くだシ給たまヘル勅語ちょくご(明治二年正月 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん惟おもんミルニ、在昔むかし神皇じんこう基もちヲ肇はじメシヨリ、列聖れっせい相あい繼つキ以もっテ朕ちんカ躬みニ逮およフ。朕ちん否德ひとく、夙夜しゅく…

36 江戸ヲ東京ト改稱スルノ勅語 明治天皇(第百二十二代)

江戸え どヲ東京とうきょうト改稱かいしょうスルノ勅語ちょくご(明治元年七月十八日 太政官日誌) 【謹譯】朕ちん、今いま萬機ばんきヲ親裁しんさいシ、億兆おくちょうヲ綏撫すいぶス。江戸え どハ東國とうごく第だい一ノ大鎭だいちん、四方しほう輻湊ふく…

35-5 重大時機に當り三策を群臣に諮詢するの詔 孝明天皇(第百二十一代)

重大時機じゅうだいじきに當あたり三策さくを群臣ぐんしんに諮詢しじゅんするの詔みことのり(第五段)(文久二年五月 孝明天皇紀) 其一曰、欲令大樹率大小名上洛、議治國家、攘夷戎、上慰祖神之震怒、下從義臣歸嚮、啓萬民和育之基、比天下於泰山之安。 其…

35-4 重大時機に當り三策を群臣に諮詢するの詔 孝明天皇(第百二十一代)

重大時機じゅうだいじきに當あたり三策さくを群臣ぐんしんに諮詢しじゅんするの詔みことのり(第四段)(文久二年五月 孝明天皇紀) 夫大樹猶弱、何失之有。但幕吏因循偷安、撫馭失術。如是則國家傾覆、可立而待也。朕日憂懼焉。所謂偷一日之安、忘百年之患…

35-3 重大時機に當り三策を群臣に諮詢するの詔 孝明天皇(第百二十一代)

重大時機じゅうだいじきに當あたり三策さくを群臣ぐんしんに諮詢しじゅんするの詔みことのり(第三段)(文久二年五月 孝明天皇紀) 旣而頃日、列藩有獻謀議者。如薩長二藩、殊親來奏事。且山陽・南海・西國之忠士、旣蜂起密奏云。幕吏奸徒日多、正議委地。…

35-2 重大時機に當り三策を群臣に諮詢するの詔 孝明天皇(第百二十一代)

重大時機じゅうだいじきに當あたり三策さくを群臣ぐんしんに諮詢しじゅんするの詔みことのり(第二段)(文久二年五月 孝明天皇紀) 昨臘和宮入關東也、使千種少將・岩倉少將、諭天下大赦之事。且告曰、國政仍舊、大概委於關東。至如外夷之事、則我國一大重…

35-1 重大時機に當り三策を群臣に諮詢するの詔 孝明天皇(第百二十一代)

重大時機じゅうだいじきに當あたり三策さくを群臣ぐんしんに諮詢しじゅんするの詔みことのり(第一段)(文久二年五月 孝明天皇紀) 朕惟方今時勢、夷戎恣猖獗、幕吏失措置、天下騒然、萬民欲墜塗炭。朕深憂之。仰恥祖宗、俯愧蒼生。而幕吏奏曰、近來國民不…

34 故德川齊昭に從二位大納言を贈るの宣命 孝明天皇(第百二十一代)

故こ徳川とくがわ齊昭なりあきに從じゅ二位い大納言だいなごんを贈おくるの宣命せんみょう(文久二年九月 孝明天皇紀) 天皇我詔旨良萬止、故權中納言從三位源齊昭朝臣爾詔倍止勅命乎聞⻝止宣布。素與利文事乎修免、常爾武威乎振比、身乎殆危爾寄勢、力乎治…

33 故織田信長に太政大臣を贈るの宣命 正親町天皇(第百六代)

故こ織田お だ信長のぶながに太政大臣だじょうだいじんを贈おくるの宣命せんみょう(天正十年十月 古文書類纂) 天皇我詔旨良萬止、故右大臣正二位平朝臣信長爾詔陪止勅命乎、衆聞⻝止宣。策一人扶翼之功、敷萬邦鎭撫之德須。允惟朝乃重臣、中興乃良士奈利止…

32 群臣封祿を省約せんことを請へるに報ずるの勅 光孝天皇(第五十八代)

2群臣ぐんしん封祿ほうろくを省約せいやくせんことを請こへるに報ほうずるの勅みことのり(仁和元年六月 三代實錄) 公卿去月八日論奏。以爲、節有陰陽、時無水旱。減撤服御、事非舊章。雖非舊章、下以從上。群臣封錄宜暫析留。嗟呼正朔循環、朕新按馳騖之轡…

31 窮貧者に給復するの勅 仁明天皇(第五十四代)

窮貧者きゅうひんしゃに給復きゅうふくするの勅みことのり(承和五年四月 續日本後紀) 筑前筑後肥前豐後等五箇國、頻年遭疫、死亡者半。蘇息之輩、旣疲造舶。就中擇窮貧者、給復一年。 【謹譯】筑前ちくぜん・筑後ちくご・肥前ひぜん・豐後ぶんご等とうの五…

30 渡舟を增加し浮橋・布施屋を造るの勅 仁明天皇(第五十四代)

渡舟としゅうを增加ぞうかし浮橋うきはし・布施屋ふ せ やを造つくるの勅みことのり(承和二年六月 河海抄) 如聞、東海東山兩道河津之處、或渡舟數少、或橋梁不備。由是貢調擔夫、來集河邊、累日經旬、不得利渉。宜每河加增渡舟二艘。其價直者須用正稅。又…

29 灌漑の偏頗を禁ずるの制 嵯峨天皇(第五十二代)

灌漑かんがいの偏頗へんぽを禁きんずるの制せい(弘仁二十三年七月 類聚國史) 頃日炎旱渉旬、田苗枯損。夫引水漑田、皆從下始。灌漑之事、先貧後富。是則法令立文、時制所明。人情暴慢、猶犯典禮、漑用偏頗、爭訴良繁。宜重下知、特加禁制。 【謹譯】頃日こ…

28 正稅の未納を免ずるの勅 平城天皇(第五十一代)

正稅せいぜいの未納みのうを免めんずるの勅みことのり(大同三年五月 日本後紀) 如聞、大同元年洪水爲害、餘弊未復。去年以來疫病流行、横斃者衆。顧彼困厄、深懷矜愍、思施恩德以慰黎烝。宜大同元年被水損七分已上戸、所擧正稅未納、悉從免除。 【謹譯】聞…

27 三關を停廢するの勅 桓武天皇(第五十代)

三關かんを停廢ていはいするの勅みことのり(延曆八年七月 續日本紀) 置關之設、本備非常。今正朔所施、區宇無外、徒設關險勿用防禦。遂使中外隔絕、旣失通利之便。公私往來、每致稽留之苦、無益時務、有切民憂。思革前弊、以適變通、宜其三國之關一切停廢…

26 隣保を作り非違を檢察するの勅 桓武天皇(第五十代)

隣保りんぽを作つくり非違ひ いを檢察けんさつするの勅みことのり(延曆三年十月 續日本紀) 如聞、比來京都中盜賊稍多。掠物街路、放火人家。良由職司不能肅淸、令彼凶徒生茲賊害。自今以後、宜作隣保檢察非違一如令條。其遊⻝博戲之徒不論蔭贖決杖一百、放…

25-2 縣犬養姉女等を配流するの宣命 稱德天皇(第四十八代)

縣犬養姉女あがたのいぬかいのあねめ等らを配流はいるするの宣命せんみょう(第二段)(神護景雲三年五月 續日本紀) 然母廬舍那如來最勝王經觀世音菩薩護法善神梵王帝釋四大天王乃不可思義威神力、掛畏開闢以來御宇天皇御靈、天地乃神多知乃護助奉都流力爾…

25-1 縣犬養姉女を配流するの宣命 稱德天皇(第四十八代)

縣犬養姉女あがたのいぬかいのあねめを配流はいるするの宣命せんみょう(第一段)(神護景雲三年五月 續日本紀) 現神止大八洲國所知倭根子、掛畏天皇大命乎、親王王臣百官人等、天下公民衆聞食止宣久、丈部姉女乎波內都奴止爲弖、冠位擧給比根可婆禰改給比…

24 和氣王の謀反に就て下し給へる宣命 稱德天皇(第四十八代)

和氣わ け王おうの謀反むほんに就ついて下くだし給たまへる宣命せんみょう(天平神護元年八月 續日本紀) 今和氣仁勅久、先爾奈良麻呂等我謀反乃事起天在之時仁方、仲麻呂伊忠臣止之天侍都。然後仁逆心乎以天、朝庭動傾止之天、兵乎備流時仁、和氣伊申天在。…

23 淳仁天皇を廢し給ふの宣命 稱德天皇(第四十八代)

淳仁じゅんにん天皇てんのうを廢はいし給たまふの宣命せんみょう(天平寶字八年十月 續日本紀) 掛末久毛畏朕我天先帝乃御命以天、朕仁勅之久、天下方朕子伊末之仁授給事乎之云方、王乎奴止成止毛、奴乎王止云止毛、汝乃爲牟末仁末仁、假令後仁帝止立天在人…

22 新錢を行ふの勅 淳仁天皇(第四十七代)

新錢しんせんを行おこなふの勅みことのり(天平寶字四年三月 續日本紀) 錢之爲用、行之已久。公私要便、莫甚於斯。頃者私鑄稍多、僞濫旣半。頓將禁斷、恐有騒擾。宜造新樣、與舊竝行。庶使無損於民、有益於國。其新錢文曰、萬年通寶、以一當舊錢之十。銀錢…

21-7 皇太子を廢するの勅 孝謙天皇(第四十六代)

皇太子こうたいしを廢はいするの勅みことのり(第七段)(天平寶字元年四月 續日本紀) 天下鰥寡孤獨・篤疾・癈疾、不能自存者、量加賑恤。其高麗・百濟・新羅人等、久慕聖化、來附我俗、志願給姓、悉聽許之。其戸籍記、无姓及族宇、於理不穩。宜爲改正。又…

21-6 皇太子を廢するの勅 孝謙天皇(第四十六代)

皇太子こうたいしを廢はいするの勅みことのり(第六段)(天平寶字元年四月 續日本紀) 其僧綱及京內僧尼、復位已上、施物有差。內供奉豎子、授刀舍人、及預周忌御齋種種作物、而奉造諸司男女等、夙夜不怠、各竭力誠。宜令加位二級、幷賜綿帛。仕官疎緩、竝…

21-5 皇太子を廢するの勅 孝謙天皇(第四十六代)

皇太子こうたいしを廢はいするの勅みことのり(第五段)(天平寶字元年四月 續日本紀) 古者治民安國、必以孝理。百行之本、莫先於茲。宜令天下、家藏孝經一本、精勤誦習、倍加敎授。百姓間有孝行通人、郷閭欽仰者、宜令所由長官、具以名薦。其有不孝不恭不…

21-4 皇太子を廢するの勅 孝謙天皇(第四十六代)

皇太子こうたいしを廢はいするの勅みことのり(第四段)(天平寶字元年四月 續日本紀) 其自天平勝寶九歳四月四日昧爽已前大辟罪已下、罪無輕重、已發覺・未發覺・已結正・未結正・繋囚・見徒、咸悉赦除。但犯八虐、故殺人、私鑄錢、强盗竊盗者、不在此例。…

21-3 皇太子を廢するの勅 孝謙天皇(第四十六代)

皇太子こうたいしを廢はいするの勅みことのり(第三段)(天平寶字元年四月 續日本紀) 其不孝之子、慈父難務、無禮之臣、聖主猶棄。宜從天發却還本色。亦由王公等盡忠匡弼、感此貴瑞。豈朕一人所應能致。宜與王公士庶、共奉天貺以答上玄、洗滌舊瑕、遍蒙新…

21-2 皇太子を廢するの勅 孝謙天皇(第四十六代)

皇太子こうたいしを廢はいするの勅みことのり(第二段)(天平寶字元年四月 續日本紀) 於是三月二十日戊辰、朕之住屋承塵帳裏、現天下太平之字、灼然昭著。斯乃上天所祐、神明所標、遠覽上古、歷撿往事、書籍所未載、前代所未聞。方知、佛法僧寶、先記國家…